HarwellBoeing (.rsa,.rua,...)

Harwell-Boeing行列形式.
疎な行列の交換,保管に使われる.
プレーンテキスト形式.
標準的なテスト行列収集のHarwell-Boeingファイル形式.
3文字のファイル拡張子はこのファイルで表される行列の特性のコード化を示している.
ファイル拡張子いの最初の文字は次を示している:"r" (実数), "c"(複素数), "p" (パターン)
2番目の文字は対称性に関するものである: "s"(対称), "u"(非対称),"h" (エルミート), "z" (歪対称), "r" (矩形)
ファイル拡張子の3文字目: "a" (assembled) または"e" (elemental unassembled)
疎な表記で行列を保管する.
Iain Duff, Roger GrimesとJohn Lewisによって1992年に開発された.
  • ImportExportは完全にHarwell-Boeingファイル形式をサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.rsa"]はHarwell-Boeingファイルより行列をインポートする.
  • Export["file.rsa", expr]は任意の数値,あるいはパターン行列をHarwell-Boeingファイルにエキスポートする.
  • Import["file.rsa"]はHarwell-Boeingファイルを読み込み,疎な行列としての行列を返す.
  • Import["file.rsa", elem]はHarwell-Boeingファイルより指定された要素をインポートする.
  • Import["file.rsa", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.rsa", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "HarwellBoeing"]またはImport["file", {"HarwellBoeing", elem, ...}]として指定できる.
  • Export["file.rsa", expr, elem]expr が要素,elem を指定するものとして扱うことにより,Harwell-Boeingファイルを作成する.
  • Export["file.rsa", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]では,それぞれの が対応するを指定するものとして扱われる.
  • Export["file.rsa", expr, opt1->val1, ...]expr を特別の値を持つオプションが指定されたものとしてエキスポートする.
  • Export["file.rsa", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使い,エキスポートされる要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはHarwell-Boeingファイル形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"疎な配列として与えられた行列データ
    "Graphics"行列要素の値を視覚的に表現
  • Importはデフォルトで要素を使う.
  • Import["file.rsa", "Graphics"]MatrixPlotを使い行列の構造をグラフィックスとして描画する.
  • メタ情報要素:
  • "Key"ドキュメント識別文字列
    "Title"ドキュメントタイトル
    "MatrixStructure"行列の対称性
  • の可能な値:
  • "Hermitian"共役転置行列が等しい行列
    "Rectangular"非正方行列(矩形)
    "SkewSymmetric"転置行列が元の行列の負と等しい
    "Symmetric"転置行列と等しい
    "Unsymmetric"転位対称性のない正方行列

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

Harwell-Boeing行列ファイルをインポートしてグラフィックスとして描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

同じファイルを疎行列として読む:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

疎行列をインポートして,それをGraphPlotで描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

これは1×2の行列をHarwell-Boeing形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

先ほどの結果をインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »