JPEG (.jpg,.jpeg)

MIMEタイプ:image/jpeg
JPEGラスタ画像および圧縮形式.
一般にデジタルカメラおよびWebにおいて写真画像に使われる.
JPEGはJoint Photographic Experts Groupの頭字語である.
RGB,CMYK色空間をサポートする.
カラーチャンネルあたり8ビットの解像度でビットマップを画像として保管する.
バイナリファイル形式.
8×8ブロックサイズ離散余弦変換に基づく不可逆圧縮法を用いる.
種々の圧縮レベルをサポートする.
  • ImportExportはJPEG標準を完全にサポートする.
  • ImportはExif 2.2メタデータ標準も部分的にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.jpg"]はJPEGファイルをインポートし,画像を返す.
  • Export["file.jpg", expr]は画像,グラフィックス,その他の任意の式を,ラスタ画像としてJPEGにエキスポートする.
  • Mathematica グラフィックスや任意の式をJPEGにエキスポートすると,結果の画像はその表示形式と同じラスタサイズとなる.
  • 画像オブジェクトはデフォルトでそれぞれのラスタサイズでエキスポートされる.
  • JPEGはラスタ画像形式であるので,フォントはすべてエキスポートの際にラスタライズされる.
  • Import["file.jpg", elem]はJPEGファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.jpg", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.jpg", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "JPEG"]またはImport["file", {"JPEG", elem, ...}]で指定できる.
  • Export["file.jpg", expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてJPEGファイルを作成する.
  • Export["file.jpg", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.jpg", expr, opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.jpg", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはJPEG形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドでは,挿入 ► 画像および開くメニューでJPEGファイルがセルにインポートできる.
  • 選択範囲の形式保存はノートブックの選択した部分をJPEGファイルにエキスポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "ColorMap"インポートで作成される減色パレット
    "Data"色の値の配列
    "Graphics"画像を表すGraphicsオブジェクト
    "Image"Imageオブジェクトとして与えられるラスタ画像
    "ImageWithExif"Exifタグが埋め込まれているラスタImageオブジェクト
    "GrayLevels"正規化されたグレーレベル値の配列
    "RGBColorArray"RGBColorオブジェクトの配列
    "RawData"インデックスカラーの配列
  • ImportExportはデフォルトで要素をJPEGファイルに使用する.
  • Importの高度な要素:
  • "BitDepth"ファイルの各カラーチャンネルに使用されるビット解像度
    "ColorProfileData"ColorProfileDataオブジェクトとして与えられる埋込みカラープロファイル
    "ColorSpace"ファイルに使用するカラーエンコード
    "ImageSize"ラスタ次元
    "Exif"規則のリストとして与えられる全Exifタグ
  • 個々のExifタグ(Importで使用できる):
  • "FocalLength"焦点距離(ミリメートル)
    "CameraTopOrientation"写真が撮影されたときのカメラの向き
    "Manufacturer"カメラまたは入力デバイスの製造元
    "Model"カメラまたは入力デバイスのモデル仕様
    "Exposure"写真の露光時間
    "Date"DateList指定で与えられる,もとの写真が撮影された日付と時間
    "Aperture"APEX単位で与えられる,写真が撮影された絞り設定
    "ISOSpeed"カメラまたは入力デバイスのISO 12232スピードレート
  • 要素については,インポートされたImageオブジェクトのMetaInformationオプションを使ってという名前でExifタグが埋め込まれる.JPEGとしてエキスポートする際に,埋め込まれたExifタグは自動的にエキスポートされる.

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • ImageSizeAutomatic画像の全体の大きさ
  • ImportおよびExportのオプション:
  • "ImageTopOrientation"Topファイルに保管されている画像の向き
  • Exportオプション:
  • "ColorSpace""RGB"ファイルで使用するカラーエンコード
    "CompressionLevel"0.25JPEG圧縮パラメータを設定する
    "Progressive"Falseファイルがロードされるときにプログレッシブ表示が可能になる方法で画像を保管するかどうか
    "Smoothing"00から1までの数で与えられるJPEG平滑化パラメータ
  • 設定"ColorSpace"->Automaticでは,Mathematica はエキスポートされる画像と同じ色空間を持つJPEGファイルを作成するよう試みる.可能な設定はColorConvertのレファレンスページに記載されている.
  • ラスタ画像をJPEGにエキスポートするとき,デフォルトでは平滑化フィルタは適用されない.
  • は0から1までの値に設定でき,値が大きいほどファイルサイズは小さくなる.
  • JPEGは不可逆圧縮法を使用するので,圧縮レベルが高いほどエンコードの品質は低くなる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

JPEG画像を画像としてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

この写真のピクセル次元を取得する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ファイルで利用できる全Import要素を示す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

メタデータ要素をインポートする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

生の色データをファイルから読み込み,最初の数行を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

RGB画像をJPEGにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

CMYK画像をエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 4 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »