JSON (.json)

MIMEタイプ:
データ交換形式.
一般にWebサービスの実装に使われる.
名前,値の非順序対または順序値の集まりを含む.
JSONはJavaScript Object Notationから派生した頭字語である.
プログラミング言語の一部に基づく.
テキスト形式.
2001年に開発された.
RFC 4627として公開された.
  • ImportExportはJSONファイル形式に対応している.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.json"]はJSONファイルのルールベース表現を与える.
  • Export["file.json", expr]は規則のリストをJSONにエキスポートする.
  • Import["file.json", "elem"]はJSONファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.json", {"elem", "sub", ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.json", {{"elem1", "elem2", ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "JSON"]またはImport["file", {"JSON", elem, ...}]で指定できる.
  • Export["file.json", expr, "elem"]expr が要素 elem を指定してるとしてJSONファイルを作成する.
  • Export["file.json", expr, opt1->val1, ...]は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとして expr をエキスポートする.
  • Export["file.json", {"elem1"->expr1, "elem2"->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはJSON形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"ネスとした規則で表されるJSONファイルの内容
  • Importはデフォルトで要素を使う.
  • JSONからインポートする際は,リストは Mathematica の標準の並べ順で返される.

オプションオプション

  • Exportオプション:
  • "Compact"Falseファイルの内容を整形するのに改行を使うかどうか

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

JSONファイルの内容をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

化学元素とその特性のリストをJSONファイルにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

JSONファイルのコンパクトな文字列表現を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »