List

数または文字列の列.
数または文字列のリストを行として保管する.
テキスト形式.
基本的には"Table"形式の単一列版である.
  • ImportExportは数や文字列のリストを保管するための種々のデータ変換・フォーマットオプションを提供する.
  • ImportはC,Fortran表記を含む一般的な数の形式を自動的に認識する.
  • 小数点を含まない数は整数としてインポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file", "List"]テキストファイルをインポートし,各行を文字列または数として返す.
  • Export["file", list, "List"]は任意のリストを数または文字列の列として書き出す.
  • Import["file", "List"]は,それぞれがfile の行を表す文字列または数のリストを返す.
  • Export["file", list, "List"]list を列としてエキスポートし,各要素のCFormを別々の行として書き出す.
  • Import["file", {"List", elem} ]ファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file", {"List", elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file", {"List", {elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • 形式は明示的に指定しなければならない.
  • Export["file", expr, {"List", elem}]expr が要素elem を指定しているとして扱ってファイルを作成する.
  • Export["file", {expr1, expr2, ...}, {"List", {elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定してい
  • Export["file", expr, "List", opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, {"List", "Rules"}]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"それぞれが行を表す数または文字列のリスト
    "Grid"Gridオブジェクトとして表されるリストデータ
  • ImportExportはデフォルトで要素を使う.

オプションオプション

  • Exportの一般的なオプション:
  • AlignmentNone表の列中にデータをどのように並べるか
    CharacterEncoding"UTF8"ファイルで使用される生の文字エンコード
  • Alignmentの可能な設定はNoneLeftCenterRightである.
  • Importの一般的なオプション:
  • CharacterEncoding"ASCII"ファイルで使用される生の文字エンコード
  • ImportExportのオプション:
  • "EmptyField"""空のフィールドをどのように表すか
  • Importオプション:
  • "CurrencyTokens"{{"$", "£", "¥", "€"}, {"c", "¢", "p", "F"}}数値のインポートの際に無視する通貨単位
    "DateStringFormat"NoneDateString指定で与えられる日付形式
    "IgnoreEmptyLines"False空の行を無視するかどうか
    "LineSeparators"{"\r\n","\n","\r"}リスト要素の分離に使われる文字トークン
    "Numeric"True可能な場合にデータフィールドを数としてインポートするかどうか
    "NumberPoint""."小数点として使用する文字列
    "NumberSigns"{"-","+"}負・正の数の符号に使用する文字列
    "HeaderLines"0ファイルの最初の無視する行数
  • Importオプションで指定されたようにフォーマットされた表の要素を,という形式のDateList表現に変換する.
  • 空の行と空白文字のみを含む行はデフォルトで空の文字列として変換される.TrueImportに設定すると,空の行は無視される.
  • "Numeric"->Falseとすると,数はファイルにあるのとおなじ形式で文字列としてインポートされる.
  • デフォルト設定では,新規行文字の一般的な全変換が認識される

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

テキストファイルを文字列のリストとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Importは可能であればレコードを整数または実数に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

リストとしてインポートするときは,通貨記号は自動的に削除される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

形式を使って数のリストをエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 4 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »