MDB (.mdb)

MIMEタイプ:application/mdb,application/msaccess,application/vnd.msaccess
MDBデータベースファイル.
Microsoft Accessデータベースアプリケーションのネイティブ形式.
Accessリレーショナルデータベース管理システムと共に交換形式として使われる.
バイナリ形式.
表のセットとして数値,テキスト情報を格納する.
Microsoftにより1992年に開発された.
  • ImportはMDB 2000形式をサポートしている.
  • MathematicaはMicrosoft Accessがインストールされていない環境でもMDBファイルを読むことができる.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.mdb"]はMDB データベースをインポートして配列のリストを返す.
  • Import["file.mdb"]はそれぞれがデータベーステーブルを表している2次元の配列のリストを返す.
  • MDBデータは Mathematica で実数,整数,文字列,ブール値(TrueまたはFalse)と DateList 指定 として表されている.
  • Import["file.mdb", elem]は指定され要素をMDBファイルからインポートする.
  • Import["file.mdb", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.mdb", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "MDB"]または Import["file", {"MDB", elem, ...}]と指定できる.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはMDB形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • データベースの指定と選択:
  • "Data"配列のリストとして与えられるすべてのデータベース
    "Datasets"すべてのデータセットの名前
    "Datasets",n配列として与えれている n 番目のデータセット
    "Datasets",name配列として与えられるデータセット name
    "Datasets",name,"Labels"データセット name のコラムラベルを表している文字列のリスト
    "Datasets",name,"LabeledData"それぞれのコラムに規則を使うデータセット, name
  • Importはデフォルトで要素を使う.

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "EmptyField"""Mathematica で空のセルがどのように表現されるか

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

MDBサンプルファイルで可能なImport要素を表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルに格納されているすべてのデータセットの名前をインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

データセットにあるデータラベルをインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

3個のラベルに関連しているデータをインポートする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

規則のリストとしてのデータセット全体をインポートする:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

MDBデータベースからすべてのデータをインポートする:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »