MGF (.mgf)

Wolfram Mathematica MGFビットマップ形式.
ユーザインターフェースによりラスタ画像を格納するのに使われる.
MGFは Mathematica Graphics Formatの頭文字である.
バイナリ形式.
カラーチャンネルに対して8ビットの解像度のRGBラスタとして単一の画像を格納する.
  • ImportExportは完全にMGF形式をサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.mgf"]はMGFファイルをインポートして画像を返す.
  • Export["file.mgf", expr]は画像,グラフィックス,他の任意の式をMGFラスタ画像としてエキスポートする.
  • Mathematica グラフィックスや任意の式をMGFにエキスポートすると,結果の画像はその表示形式と同じラスタサイズとなる.
  • 画像オブジェクトはデフォルトでそれぞれのラスタサイズでエキスポートされる.
  • MGFはラスタ画像形式であるので,エキスポートされるとき,すべてのフォントはラスタ化される.
  • Import["file.mgf", elem]は指定された要素をMGFファイルよりインポートする.
  • Import["file.mgf", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.mgf", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "MGF"]またはImport["file", {"MGF", elem, ...}]と指定できる.
  • Export["file.mgf", expr, elem]expr が要素,elem を指定するものとして扱うことにより,MGFファイルを作成する.
  • Export["file.mgf", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]では,それぞれの が対応するを指定するものとして扱われる.
  • Export["file.mgf", expr, opt1->val1, ...]expr を特別の値を持つオプションが指定されたものとしてエキスポートする.
  • Export["file.mgf", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使い,エキスポートされる要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはMGF形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Cell"画像を表しているノートブックCell
    "Graphics"Graphicsオブジェクトとして与えられるラスタ画像
    "Image"画像オブジェクト
  • ImportExportはデフォルトでMGFに要素を使う.

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

グラフィックスとしてMGFファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

任意のグラフィックスをMGF形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 4 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »