NB (.nb)

登録MIMEタイプ:application/mathematica,application/vnd.wolfram.mathematica
Mathematica
ノートブック.
Mathematica の入力と出力を保持したり,交換したりするためと,インタラクティブな技術文書を作成するために使用される.
Mathematica ノートブックインターフェースのネイティブファイル形式.
Mathematica の式構文に基づいたASCII形式.
テキスト,タイプセット式,グラフィックス,アニメーション,サウンド,およびその他のMathematica の入力と出力を保持する.
ハイパーリンク,ボタン,スライダー,およびその他のグラフィカルユーザインターフェースの特徴等のインタラクティブな要素をサポートする.
外部あるいは埋め込みのスタイルシートを使って,スクリーン上と印刷されたときの外観を指定する.
1988年以来Wolfram Researchによって開発されている.
  • ImportExportMathematica ノートブック形式を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.nb"]Mathematica ノートブックを読み取り,それをNotebook式として返す.
  • Export["file.nb", expr]NotebookCell ,あるいはボックス式に加えて,ノートブックとしての任意の数学式もエキスポートする.
  • Import["file.nb", elem]はノートブックから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.nb", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.nb", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "NB"]あるいはImport["file", {"NB", elem, ...}]を使って指定することができる.
  • Export["file.nb", expr, elem]は,expr が要素elem を指定するものとして扱って,ノートブックを作成する.
  • Export["file.nb", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は,それぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.nb", expr, opt1->val1, ...]expr を指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとしてエキスポートする.
  • Export["file.nb", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"] は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • Put[expr1, expr2, ..., "file.nb"] は複数の式をエキスポートするのに使用することができる.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはノートブック形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックのフロントエンドでは, 保存別名で保存...を使って現行のノートブックをファイルに保存することができる.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • Import要素:
  • "Cells"セルスタイルのリスト
    "Initialization"すべての初期化セルを読み込んで評価し,結果をリストとして返す
    "Notebook"Notebook式として表されたノートブック
    "NotebookObject"NotebookObject
    "Plaintext"ノートブックのテキストバージョン
  • Importはデフォルトでノートブックファイルに要素を使う.
  • セルスタイルに基づいて以下が使用できる:
  • "Cells"セルスタイルのリスト
    "Cells",styleスタイル style の全セル

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

サンプルファイルで使用可能なImport要素を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

任意の数学式をノートブック形式に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

前の出力からプレーンテキストコンテンツをインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

サンプルファイルから全入力セルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 4 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »