NetCDF (.nc)

MIMEタイプ:application/x-netcdf
NetCDFデータファイル形式.
科学データ交換のための自己記述的形式.
大気研究,地理情報システム(GIS)とそれらの関連分野で使われている.
NetCDFはnetwork Common Data Formからの派生語である.
バイナリファイル形式.
概念はNASAのCommon Data Formatに基づいているが,この形式との互換性はない.
Unidata center at the University Corporation for Atmospheric Research (UCAR)により開発された.
  • ImportExportはnetCDF形式のバージョン3をサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.nc"]はnetCDFファイルをインポートして,このファイルに格納されているデータセットの名前を返す.
  • Export["file.cdf", expr]はnetCDFファイルにデータの配列をエキスポートする.
  • Import["file.nc"] はこのファイルに含まれているすべてのデータセットの名前を表す文字列のリストを返す.
  • Export["file.nc", {expr1, ...}, {"Datasets", {"/dataset1", ...}}]はデータの配列を別々のデータとして保管し,netCDFファイルを作成する.
  • Import["file.nc", elem]はnetCDFファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.nc", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.nc", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "NetCDF"]または Import["file", {"NetCDF", elem, ...}]の式で指定できる.
  • Import["file", "NetCDF"]expr が要素elem を指定してるとしてnetCDFファイルを作成する.
  • Export["file.nc", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.nc", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはnetCDF形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"配列のリストとしてインポートされるすべてのデータセット
    "Datasets"すべてのデータセットの名前
  • netCDF形式ではImportはデフォルトで要素を使う.
  • データセットの指定と選択:
  • "Datasets", nn 番目のデータセット
    "Datasets", dataset名前付きデータセット
  • メタ情報要素:
  • "Annotations"それぞれのデータセットのメタ情報
    "DataFormat"それぞれのデータセットを表すのに使われるタイプ
    "Dimensions"それぞれのデータセットのデータサイズ
    "Metadata"規則としての一般的なメタ情報
  • の可能な値:
  • "Integer8"8ビット整数
    "Integer16"16ビット整数
    "Integer32"32ビット整数
    "UnsignedInteger8"符号なし8ビット整数(Exportのみ)
    "Real32"IEEE単精度数
    "Real64"IEEE倍精度数
    "String"ASCII文字の文字列

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

netCDFファイルにあるデータセットの名前を得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

データセットをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input

グラフィックスとしてインポートされたデータを描画する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

netCDFファイルからメタ情報を読む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ラスタ画像データをnetCDF形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルに保管されているデータの名前を返す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »