ODS (.ods)

MIMEタイプ:application/vnd.oasis.opendocument.spreadsheet
OpenDocument表計算ファイル.
表計算のデータと式の保持と交換に使われる.
ファイル形式のOASIS Open Document Format (ODF) 族の一部である.
ODSはOpenDocument Spreadsheetからの頭字語である.
OpenOffice.org 2.0のネイティブ表計算形式である.
XMLに基づく形式で,通常ZIP圧縮される.
1つのファイル内で複数のシートをサポートする.
OpenOffice.org SXC形式を基にして,OASIS標準化団体によって開発された.
2006年にISO/IEC 26300標準として認定された.
  • ImportはODS標準を完全サポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.ods"]はODSファイルのすべてのシートをインポートして,その結果を配列のリストとして返す.
  • Import["file.ods"]はODSファイルのシートを の形の式として返す.この場合 は数値データとテキストデータ,ブール値,そして日付指定を含む完全配列である.
  • Import["file.ods", elem]は指定された要素をODSファイルからインポートする.
  • Import["file.ods", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.ods", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "ODS"]あるいはImport["file", {"ODS", elem, ...}]で指定することができる.
  • Importについての完全な一般情報は関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはODS形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定についての規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"完全配列のリスト(すべてのシートを表す)
    "Formulas"テキストとしてのすべてのODS式
  • Importはデフォルトで 要素を使う.
  • ODSデータはMathematica 内では,実数か整数,文字列,ブール値TrueFalse,そしてDateList 指定で表示される.
  • ODSのエラーセルは$Failedとしてインポートされる.
  • Import["file.ods", "Formulas"]の形でそれぞれのセルについて表計算式を返す.この場合, はODSファイルのシートに対応する配列である.
  • データシートのインポートする部分:
  • "Data",kk 番目のシート(配列として与えられる)
    "Data",k,mk 番目のシートの行 m
    "Data",k,m,nk 番目のシートのセル
  • Import["file.ods", {"Data", 1}]は最初のシートを配列として返す.
  • 以下は個々のシートを名前で選択したり,指定したりするために使用できる:
  • "Sheets"シート名のリスト
    "Sheets",name配列としてのシート name
    "Sheets",name,mシート name の行m
    "Sheets",name,m,nシート name のセル
  • Import["file.ods", {"Sheets", All}] Import["file.ods", "Data"]に等しい.
  • Import は完全な長方形配列としてのスプレッドシートを返す.

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "EmptyField"""Mathematica 内で空白セルがどのように表示されるか

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

表形式データをODSファイルからインポートして,それを表としてフォーマットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//TableForm=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »