PDF (.pdf)

MIMEタイプ:application/pdf
Adobe Acrobat形式.
複数ページのドキュメントを交換したり,アーカイブに保管したりするための標準形式.
PDFはPortable Document Formatの頭字語である.
バイナリファイル形式.
テキスト,フォント,画像,2次元ベクトルグラフィックスをデバイスや解像度に依存しない方法で保持する.
埋め込みラスタ画像も保持できる.
複数の不可逆と可逆の圧縮法をサポートする.
  • ImportExportはバージョン1.5以前のPDFをサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.pdf"]はPDFファイルをインポートして,すべてのページをグラフィックスのリストとして返す.
  • Export["file.pdf", expr]は任意の式をPDFにエキスポートする.
  • Import["file.pdf"]はPDFファイルのページをMathematica のベクトルグラフィックスに変換する.
  • Import["file.pdf", "Plaintext"]はプレーンテキストバージョンのPDFファイルを返す.
  • Export["file.pdf", expr]は任意の式,セル,あるいはノートブックオブジェクトからPDFファイルを作成する.
  • Mathematica はPDFにエキスポートする際にフォントや2次元ベクトルグラフィックスをラスタライズしない.
  • Import["file.pdf", elem] は指定された要素をPDFファイルからインポートする.
  • Import["file.pdf", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.pdf", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "PDF"]あるいはImport["file", {"PDF", elem, ...}]で指定することができる.
  • Export["file.pdf", expr, elem]expr が要素 elem を指定するものとして扱って,PDFファイルを作成する.
  • Export["file.pdf", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}] はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.pdf", expr, opt1->val1, ...] は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとして expr をエキスポートする.
  • Export["file.pdf", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"] は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはPDFをサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドでは,挿入 ► 画像開く...メニューを使ってPDFファイルをセルにインポートすることができる.
  • 別名で保存...は使用中のノートブックをPDFファイルとしてエキスポートする.
  • 選択範囲の形式保存...を使うと,ノートブックの選択された部分をPDFとしてエキスポートすることができる.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Pages"ベクトルグラフィックスのリスト(それぞれがPDFファイルのページを表す)
    "Plaintext"文字列として与えられるドキュメントのテキストコンテンツ
    "Attachments"添付ファイルのリストで,可能なら Mathematica 式としてインポートされる
    "RawAttachments"生の文字列のリストとして与えられる添付ファイル
  • Importはデフォルトで要素を使う.
  • Exportにおいて,添付ファイルはファイルパス指定のリストか,"filename"->expr という形式の規則で与えられる.ここではPDFドキュメントに添付されるファイルの名前,expr は任意の Mathematica 式である.PDFに添付することのできるオブジェクトには,Mathematica ノートブック,セル式,テキスト,画像,グラフィックスオブジェクトが含まれる.
  • 個々のページをインポートする:
  • "Pages",nn 番目のページを表すベクトルグラフィックス
    "Plaintext",nn 番目のページのテキストコンテンツ
  • メタ情報要素:
  • "Author"このファイルを作成した人の名前
    "CreationDate"ドキュメントの作成日(DateList指定で与えられる)
    "Creator"このファイルを作成したプログラム
    "PageCount"ページ数
    "Title"ドキュメントタイトル

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "Password"None文字列で与えられるドキュメントのパスワード
    "TextOutlines"True文字をアウトラインとしてインポートするかどうか
  • 一般的なExportオプション:
  • ImageSizeAutomatic画像の全体サイズ
    ImageResolution72ラスタライズのための画像の解像度(dpi)
  • 高度なExportオプション:
  • "AllowRasterization"Automatic高度なバージョンのPDFを必要とするグラフィックスをラスタライズするかどうか
  • に使用できる設定:
  • Automatic最適な描画方法を自動的に選択する
    True高度なバージョンのPDFを必要とするグラフィックスをラスタライズする
    Falseベクトルグラフィックスを使う

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (6)例 (6)

これは,簡単なPDFの例題ファイルをグラフィックスとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで使用可能なImport要素を示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

生のテキストをPDFファイルから抽出する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

3つのメタ情報要素をインポートする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

画像をPDFにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

タイプセット数式を解像度に依存しないPDFにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//TraditionalForm=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

JPEGを添付したPDFファイルを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input

コンピュータシステム上のファイルをPDFに添付する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

結果のPDFをインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

このノートブックをPDFに添付する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »