Package (.m)

登録されたMIMEタイプ:
Mathematica
パッケージソース形式.
Mathematica のプログラム,パッケージ,データを保持したり,交換したりするのに使われる.
プレーンASCIIテキスト形式.
Mathematica 式をInputFormで保持する.
プログラムコード,数値データとテキストデータ,2次元のラスタ画像とベクトル画像,3次元形状,サウンド,そしてその他の種類のデータを表示できる.
1988年以来Wolfram Researchによって開発されている.
  • ImportExportMathematica パッケージファイルを完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.m"]Mathematica パッケージ内で読み取り,その中のそれぞれの式を評価し,そして最後の式を返す.
  • Export["file.m", expr] は単一の式をパッケージソースファイルにエキスポートする.
  • Mathematica は常にCharacterEncoding->"ASCII"をパッケージソースファイルに使う.
  • Import["file.m", elem]は指定された要素をパッケージソースファイルからインポートする.
  • Import["file.m", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.m", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式は Import["file", "Package"]あるいはImport["file", {"Package", elem, ...}]で指定することができる.
  • Import["file.m"]Get["file.m"]に等しい.
  • Export["file.m", expr, elem]expr が要素elem を指定するものとして扱って,Mathematica ソースファイルを作成する.
  • Export["file.m", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}] はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.m", expr, opt1->val1, ...] は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとしてexpr をエキスポートする.
  • Export["file.m", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"] は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • Put[expr1, expr2, ..., "file.m"] を使って複数の式をエキスポートすることができる.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはパッケージ形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドでは, 別名で保存... を使ってノートブックをMathematica パッケージとしてエキスポートすることができる.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • Import要素:
  • "ExpressionList"すべての式を評価して,その結果をリストとして返す
    "Get"すべての式を読み取って評価し,最後の式を返す
    "HeldExpressions"未評価の式のリスト
    "Comments"コードコメント
  • Importはデフォルトで要素をMathematica Packageファイルに使用する.

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

サンプルファイルで使用可能なImport要素を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

未評価の式をこのファイルからインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

任意の式をパッケージ形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

前の出力をインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »