RawBitmap

生のラスタ画像データ.    
撮像装置で中間フォーマットとして使われる.
チャンネルごとに8ビットの解像度でRGBあるいはグレースケールビットマップとして画像を保持する.
バイナリ形式.
メタ情報は含まない.
PPMファイルのバイナリ部分に等しい.
  • ImportExportは生のビットマップ形式を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file", "RawBitmap", ImageSize->{w, h}]は生のビットマップファイルをインポートして,Imageオブジェクトを返す.
  • 画像の大きさは生のビットマップをインポートしているときに指定しなければならない.
  • Export["file", expr, "RawBitmap"]はグラフィックスやその他の画像としての任意の式を生のビットマップにエキスポートする.
  • Export["file", expr, "RawBitmap"] の表示形と同じ画像サイズで生のビットマップを作成する.
  • すべてのフォントはエキスポートの際にラスタライズされる.
  • 形式名は明示的に指定されなければならない.
  • Import["file", {"RawBitmap", elem}, ImageSize->{w, h}]は指定された要素をファイルからインポートする.
  • Import["file", {"RawBitmap", elem, suba, subb, ...}, ImageSize->{w, h}]は子要素をインポートする.
  • Import["file", {"RawBitmap", {elem1, elem2, ...}}, ImageSize->{w, h}]は複数の要素をインポートする.
  • Export["file", expr, {"RawBitmap", elem}]expr が要素elem を指定するものとして扱って,生のビットマップファイルを作成する.
  • Export["file", {expr1, expr2, ...}, {"RawBitmap", {elem1, elem2, ...}}]はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file", expr, "RawBitmap", opt1->val1, ...] は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとしてexpr をエキスポートする.
  • Export["file", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, {"RawBitmap", "Rules"}] は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringは生のビットマップをサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"色の値の配列
    "Graphics"画像を表示するGraphicsオブジェクト
    "GrayLevels"正規化されたグレーレベルの値の配列
    "Image"Imageオブジェクトとして与えられるラスタ画像
  • "RGBColorArray"RGBColorオブジェクトの配列
  • ImportExportはデフォルトで要素を生のビットマップファイルに使う.
  • 詳細なImport要素:
  • "BitDepth"ファイル内のそれぞれのカラーチャンネルを表示するのに使用されるビット
    "ColorSpace"ファイル内で使用されるカラー符号化

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

生のビットマップデータを読み取り,画像の幅を高さをピクセルで指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 5 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »