SND (.snd)

登録MIMEタイプ:audio/basic
SNDオーディオ形式.
コンピュータや通信システム内で,またWeb上で,デジタルオーディオに使用される.
可逆非圧縮PCM, -law,A-law,ADPCM音声圧縮を含むさまざまな音声コーデックをサポートする.
-law形式,あるいはUnixオーディオ形式と呼ばれることもある.
-lawアルゴリズムは信号のダイナミックレンジ圧縮の標準方法である.
SNDはSound(サウンド)からの頭字語である.
バイナリファイル形式.
さまざまなサンプリング周波数と任意のチャンネル数をサポートする.
AU形式とまったく同じである.
Sun Microsystemsによって1992年に開発された.
  • ImportExportはSND形式で通常使用される音声コーデックをすべてサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.snd"]はSNDファイルをインポートしてサウンドオブジェクトを返す.
  • Export["file.snd", expr]はサウンドオブジェクトを8ビットパルス符号変調を使って符号化されたSNDファイルにエキスポートする.
  • Import["file.snd"]Sound[SampledSoundList[data, r]]の形の式を返す.
  • Export["file.snd", expr]はサウンドオブジェクトexpr からSNDファイルを作成する.
  • Import["file.snd", elem]はSNDファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.snd", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.snd", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "SND"]あるいはImport["file", {"SND", elem, ...}]で指定することができる.
  • Export["file.snd", expr, elem]expr が要素elem を指定するものとして扱って,SNDファイルを作成する.
  • Export["file.snd", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]はそれぞれの を対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.snd", expr, opt1->val1, ...]は指定されたオプション要素が指定された値を取るものとして expr をエキスポートする.
  • Export["file.snd", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString はSNDオーディオ形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定についての規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"実数のリストのリストとして与えられ,各部分リストが個々の音声チャンネルを表している生の音声サンプル
    "SampledSoundList"SampledSoundListとして与えられるSNDファイル
    "Sound"サウンドとして再生するSoundオブジェクト
  • 要素はSampledSoundListの第1引数に対応する.
  • 複数のチャンネルは音声サンプルの配列として表示される.
  • ImportExport要素をデフォルトでSND ファイルに使用する.
  • 詳細なImport要素:
  • "SampleRate"秒ごととチャンネルごとの振幅サンプル数

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • SampleRateAutomaticそれぞれのチャンネルにおける一秒あたりの音声サンプルの数
  • 詳細な属性と設定
  • "AudioChannels"Automaticファイル中の音声チャンネル数
    "AudioEncoding""Integer8"サンプルがどのように符号化されるか
  • SNDにエキスポートする際にサンプルレートが指定されていない場合には,エキスポートされたサウンドの中で起る最大のサンプルレートが使われ,すべてのサウンドは必要に応じて再度サンプリングされる.
  • チャンネル数が指定されていない場合には,最大数の同時チャンネルが取られ,必要であれば無音が挿入される.
  • がエキスポートされるチャンネル数よりも少ない値n に設定されている場合には,最初のn 個のチャンネルだけがエキスポートされる.
  • SND形式はPCM(パルス符号変調)コーデックとADPCM(適応差分パルス符号変調)コーデック,またその他のさまざまな音声符号化アルゴリズムをサポートする.
  • は次のどのコーデックに設定してもよい:
  • "Integer8"8ビットのPCM
    "Integer16"16ビットのPCM
    "Integer24"24ビットのPCM
    "Integer32"32ビットのPCM
    "Real32"32ビットIEEE浮動小数点
    "Real64"64ビットIEEE浮動小数点
    "aLaw"A-law4ビットPCM (ITU-T G.711)
    "uLaw"-law4ビットPCM (ITU-T G.711)
    "G721-32"32キロビット/秒のADPCM (ITU G.721)
    "G723-24"G.723符号化(24キロビット/秒)
    "G723-40"G.723符号化(40キロビット/秒)
  • すべてのコーデックが任意のサンプルレートとチャンネル指定をサポートするわけではない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

Playを使ってサウンドサンプルを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

それをSNDにエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 4 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »