STL (.stl)

MIMEタイプ:application/sla
STLのコンピュータを使ったデザインと製造形式.
3D幾何学形式.
ラピッドプロトタイピングシステムで立体模型を表示するのによく使用される.
3D Systems光造形法CADソフトウェアのネイティブ形式.
1989年に3D Systems, Inc.によって開発された.
STLはstereolithography(光造形法)からの頭字語である.
ASCII形式,あるいはバイナリ形式.
バイナリSTLファイルはリトルエンディアンバイトオーダーを使ってデータを保持する.
中空ではない3Dオブジェクトを隣り合う三角形の集まりから作られる面として保持する.
色についての情報は保持しない.
  • ImportExportはSTLファイル形式を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.stl"]はSTLファイルをGraphics3D オブジェクトとしてインポートする.
  • Export["file.stl", expr]Graphics3D式をバイナリのSTLファイルにエキスポートする.
  • Import["file.stl"]Graphics3D[ GraphicsComplex[vertices, primitives, opts]]の形の式を返す.
  • Export["file.stl", Graphics3D[...]]は立体の物理的模型を表すSTLファイルを作成する.
  • Import["file.stl", elem] は指定された要素をSTLファイルからインポートする.
  • Import["file.stl", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.stl", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "STL"]あるいはImport["file", {"STL", elem, ...}]で指定することができる.
  • Export["file.stl", expr, elem]expr が要素elem を指定するものとして扱って,バイナリSTLファイルを作成する.
  • Export["file.stl", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.stl", expr, opt1->val1, ...]は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとしてexpr をエキスポートする.
  • Export["file.stl", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"] は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはSTL形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定についての規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Graphics3D"Graphics3Dオブジェクトとして表示されるSTLファイル
    "GraphicsComplex"GraphicsComplexオブジェクトとしてのSTLファイル
    "PolygonData"インデックス付きの形の中の多角形要素
    "PolygonObjects"絶対座標で与えられるPolygonプリミティブのリスト
    "VertexData"頂点座標のリスト
  • ImportExport要素をデフォルトでSTLファイルに使う.
  • 要素はGraphicsComplexの第1引数に対応する.
  • 詳細なImport要素:
  • "BinaryFormat"ファイルがバイナリかASCIIのSTLであるかどうか

オプションオプション

  • 一般的なImportオプション:
  • ImageSizeAutomatic表示するグラフィックスの全体的な大きさを指定する
    BackgroundAutomatic使用する背景色を指定する
  • Exportオプション:
  • "BinaryFormat"Trueバイナリファイルあるいは ASCIIファイルを書くかどうか
    "SurfaceOrientation"Automatic三角形をどのように方向付けるかを指定する
  • の可能な設定:
  • Automatic方向を指定しない
    {x,y,z}三角形の面が与えられた点の方向に向いている
    Infinity三角形の面が座標系の始点から見て外方に向く

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

3D模型をSTLからインポートして,それをGraphics3Dとして描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで使用可能なImport要素を示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

このファイルがバイナリかASCIIのSTLであるかどうかをテストする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

このファイルで表示される頂点座標を読み取る:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

セルオートマトンの展開に基づく3D模型を構築する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

それをSTLにエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

このファイルをインポートして,暗い背景上に模型を描画する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 4.1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »