String

Mathematica 文字列として表される任意のバイナリデータ.
生のバイナリデータすべてのインポート・エキスポートに使用される.
  • 形式指定にを使用すると,ImportExportは任意のファイルを通常の,あるいは特殊な文字の列として表すことができる.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file", "String"]は,ファイルの各バイトをFromCharacterCode[byte]に対応する文字として,ファイルを生の文字列としてインポートする.
  • Export["file", str, "String"]Mathematica の文字列を任意のファイルにエキスポートする.エンコードされた文字が255より大きい場合は,エキスポートの前にASCII表現に変換される.
  • 明示的に形式を指定しなければならない.
  • ExportString[expr, "format"]Import[Export["tmp", expr, "format"], "String"]は同じ式を返す.
  • Import["file", "String"]は,内容を Mathematica 文字列オブジェクトとして表すバイナリファイルを読み込む.
  • Export["file", str, "String"]Mathematica 文字列をファイルにエキスポートする.
  • としてインポートあるいはエキスポートする場合は,文字エンコードの変換は行われない.
  • Export["file", expr, "String"]expr のテキスト表現をエキスポートする.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString形式をサポートする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

任意のバイナリファイルを読み込み,生の Mathematica 文字列として返す:

In[1]:=
Click for copyable input

結果の最初のバイトを示す.表示できない文字が含まれている:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ファイル"ocelot.jpg"を表す文字列をグラフィックスに変換する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

バイナリデータをインポートし,MD5チェックサムを計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 5.1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »