TAR (.tar,.tgz,.tb2,.tbz2)

MIMEタイプ:application/x-tar
TARアーカイブファイル形式
複数のファイルを単一のアーカイブにまとめる.
Unixシステムでよく使われる.
圧縮ユーティリティと組み合せて使われることが多い.
GZIPまたはBZIP2で圧縮されたTARファイルには拡張子.tgz,.tb2,.tbz2がサポートされる.
TARはTape Archiveから派生した頭字語である.
ファイルシステム情報とディレクトリ構造を保ちながらファイルを順に圧縮せずに保管する.
暗号化や圧縮はサポートしない.
POSIX.1-1998およびPOSIX.1-2001標準の一部である.
  • ImportExportはTAR形式を完全にサポートする.
  • ImportExportは一般のTARアーカイブと,複数の関連ファイルからなる特定のアプリケーション形式を扱うことができる.

ImportとExportImportとExport

  • サポートされている複数ファイルのImport形式を構成するTARアーカイブからインポートするとき,この形式のコンバータが使用される.
  • Import["file.tar"]は一般TARファイル中の全ファイルの完全パス指定を与える.
  • Export["file.tar", "fn"->expr]はファイル拡張子からファイル形式を推測し,expr をファイルにエキスポートしてTARアーカイブとして保存する.
  • Export["file.tar", {"fn1"->expr1, "fn2"->expr2, ...}]は複数の式をTARアーカイブとしてエキスポートする.
  • Import["file.tar"]という形の式を返す.
  • Import["file.tar", "fn"]はアーカイブからを抽出し,それをインポートする.
  • Import["file.tar", elem]はTARファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.tar", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.tar", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • Mathematica は一般的なファイル圧縮・アーカイブ形式を自動的にすべて識別することができるので,Importの第2引数で形式としてを指定する必要はない.
  • Export["file.tar", expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてTARアーカイブを作成する.
  • Export["file.tar", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.tar", expr, opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.tar", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはTARアーカイブ形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • 個々のファイルの選択・指定には以下が使える:
  • "FileNames"TARアーカイブの内容を表すファイル名のリスト
    "filename"単一のファイル
    "filename","format" 指定の形式の単一のファイル
    "filename","format",elem特定のファイルの要素elem
  • Importはデフォルトで要素をTAR形式に使用する.
  • Import["file.tar", "fn"]はファイルをインポートする.
  • Import["file.tar", All]はTARアーカイブ全体をインポートする.
  • ファイル名は相対的な,あるいは絶対的なディレクトリ指定と,StringMatchQでサポートされる省略された文字列パターンを含むことができる.
  • Import["file.tar", "dir/*.jpg"]はサブディレクトリdir から全JPEGファイルをインポートする.
  • Export["file.tar", {"file1.gif"->"expr1", "file2.txt"->"expr2"}]はGIFファイルとテキストファイルを含むアーカイブを作成する.
  • Export["file", {expr1, expr2}, {"TAR", {{"file1", "GIF"}, {"file2", "Text"}}}]も同じである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

PNGファイルとテキストファイルを含むTARファイルを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

生成されたTARに含まれるファイル名を示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

PNGファイルを抽出してインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

PNGファイルで利用可能なImport要素を示す:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

ファイルパターン指定を使って全テキストファイルをインポートする:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »