MATHEMATICA IMPORT/EXPORT 形式

TerminatedString

ヌル終端の文字列.
任意数のヌル終端文字列を表す.
8ビットUnicode値として文字を保管する.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file", "TerminatedString"]はファイルをヌル終端文字列のリストとしてインポートする.
  • Export["file", str, "TerminatedString"]は8ビット文字の文字列をヌル終端列としてエキスポートする.
  • Export["file", {str1, str2, ...}, "TerminatedString"]は文字列のリストをそれぞれが終端がヌル文字である8ビット文字コードの列としてエキスポートする.
  • Import["file", "TerminatedString"]は文字列のリストを返す.
  • Export["file", expr, "TerminatedString"]exprOutputForm表現からテキストファイルを作成する.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" このファイルで利用できる要素とオプションのリスト
    "Rules"各要素とオプションの全規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

2つの文字列をヌル終端文字列としてエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

前出力をインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 5 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »