VCS (.vcs)

MIMEタイプ:text/calendar
VCS vCalendar形式.
カレンダー情報の保管と交換,および個人情報管理アプリケーションで使われる.
ICS形式に代替された.
テキスト形式.
複数のイベント,タスク,ジャーナル入力を単一ファイルに保管する.
1996年に開発された.
  • ImportはVCSバージョン1を完全にサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.vcs"]はVCSファイルから全イベントをインポートする.
  • Import["file.vcs"]はファイルに保管された各イベントに対する規則のリストを与える.
  • Import["file.vcs", elem]はVCSファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.vcs", {elem, sub, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.vcs", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "VCS"]またはImport["file", {"VCS", elem, ...}]で指定できる.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはVCS形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Events"規則のリストとして与えられる,イベントデータ
    "Tasks"規則のリストとして与えられる,タスクデータ
    "TimeZone"規則のリストで表される,タイムゾーン情報
  • Importはデフォルトで要素を使う.
  • Import["file.vcs"]はすべてのイベントを読み込み,それを規則のリストのリストとして返す.
  • メタ情報要素:
  • "Creator"このファイルを作成したアプリケーション
    "GeoPosition"このファイルで使われる暦体系

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "EmptyField"Automatic不足情報がどのように表現されるか

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

VCSファイルの最初のイベントをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

VCSからタスクをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルからタイムゾーン情報を取得する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルからイベント要旨と開始日をすべてインポートし,表形式で表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//TableForm=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »