VTK (.vtk)

Visualization Toolkit形式.
3Dモデルの保管に使われる.
オープンソースのVisualization Toolkitソフトウェアのネイティブ形式.
ASCIIまたはバイナリ形式.
VTKはVisualization Toolkitに由来する頭字語である.
線,点,多角形プリミティブとその属性をまとめた単体の3Dオブジェクトを保管する.
非線形グラフィックスプリミティブも保管できる.
ユーザ定義の形式要素も使える.
最初はKitwareによって開発された.
  • ImportExportはVTK形式のASCIIおよびバイナリバージョンに完全に対応している.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.vtk"]はVTKファイルから多角形情報をインポートし,それをGraphics3Dオブジェクトとして返す.
  • Export["file.vtk", expr]Graphics3D式またはGraphicsComplex式をVTKファイルにエキスポートする.
  • Import["file.vtk"]Graphics3D[ GraphicsComplex[...]]という形の式を返す.
  • Import["file.vtk", elem]はVTKファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.vtk", {elem, sub, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.vtk", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "VTK"]またはImport["file", {"VTK", elem, ...}]で指定できる.
  • Export["file.vtk", expr, elem]expr が要素 elem を指定してるとしてVTKファイルを作成する.
  • Export["file.vtk", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.vtk", expr, opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素で expr をエキスポートする.
  • Export["file.vtk", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはVTK形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "CuboidData"指標付き形式の立方データ
    "CuboidObjects"絶対座標で与えられるCuboidプリミティブのリスト
    "Graphics3D"Graphics3Dオブジェクトとして表されたVTKファイル
    "GraphicsComplex"GraphicsComplexオブジェクトとしてのVTKファイル
    "LineData"指標付き形式によるVTKファイルの線要素で,整数指標はで与えられる頂点を参照する
    "LineObjects"絶対座標で与えられるLineプリミティブのリスト
    "PolygonData"指標付き形式による多角形要素
    "PolygonObjects"絶対座標で与えられるPolygonプリミティブのリスト
    "VertexData"頂点座標のリスト
    "PointData"指標付き形式による点データ
    "PointObjects"絶対座標で与えられるPointプリミティブのリスト
  • ImportExportはVTKファイルにデフォルトで要素を使う.
  • 要素はGraphicsComplexの第1引数に対応する.

オプションオプション

  • 一般的なImportオプション:
  • BackgroundAutomatic使用する背景色
    ImageSizeAutomatic表示する画像の全体の大きさ
    LightingAutomatic3D面の色付けに使用する模擬照明
  • VTKからインポートする際は,Graphics3Dの全オプションを与えることができる.
  • Exportオプション:
  • "BinaryFormat"FalseバイナリVTKファイルを作成するかどうか
  • 高度なオプション:
  • "VerticalAxis"{0,0,1}ファイルで使用される座標系に想定される方向
  • デフォルトでは, Mathematica はVTK形式に使用する座標系では縦軸は第3座標に対応すると想定する.
  • という設定では, Mathematica はVTKからインポートする際に全グラフィックス座標にという変換を適用し,VTKへエキスポートする際は逆変換を適用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

VTKファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3DモデルをASCIIのVTKファイルにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

利用できる要素のリストを取得する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

指向性の赤い照明:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

モデルの点ベース表現を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »