VideoFrames

ラスタ画像ファイルの列.
一般に映像製作において,中間形式として使われる.
  • Exportは任意の Mathematica アニメーションオブジェクトをビデオフレームの列に変換する.

ImportとExportImportとExport

  • Export["file", Manipulate[...], "VideoFrames"]Manipulateオブジェクトのアニメーション化されたデモを一連のラスタ画像ファイルにエキスポートする.その際,指定のファイル名を使って番号付きのファイル名の列を構築する.
  • エキスポートされた画像はすべて同じ次元となる.
  • Export["file", list, "VideoFrames"]は画像,グラフィックス,または任意の式のリストを,各要素を画像ファイルに変換してエキスポートする.
  • ExportExport["file.ext", expr, "VideoFrames"]のファイル拡張子から画像形式を推定する.
  • ExportManipulateAnimateListAnimate式の他,画像またはグラフィックスオブジェクトのリストをビデオフレームの列に変換することができる.
  • フレーム数は指定のフレーム率とアニメーションの継続時間によって決定される.
  • Export["file", expr, {"VideoFrames", elem}]expr が要素 elem を指定してるとして画像ファイルを作成する.
  • Export["file", expr, "VideoFrames", opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素で expr をエキスポートする.
  • Exportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.

オプションオプション

  • 一般的なExportオプション:
  • BackgroundWhite式またはエキスポートされたアニメーションの周りに充填される領域の色
    ImageSizeAutomaticピクセル寸法
    "FrameRate"151秒あたりに表示されるフレーム数
  • ImageSize->Automaticと設定すると,エキスポートされたオブジェクトの最初のフレームはラスタライズされ,結果の画像ファイルのサイズであると見なされる.その後のフレームは最初のフレームの次元に合うように充填される.
  • エキスポートされた画像形式に特有のすべてのオプションが与えられる.
  • ManipulateAnimateListAnimate式をエキスポートするときは,これ以外のオプションが利用できる.サポートされているオプションについての全情報は"SWF"のページを参照のこと.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

ManipulateオブジェクトをPNG画像の列にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

つながれたカメラから画像の列をキャプチャし,それをエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »