Wave64 (.w64)

SonyのWave64オーディオ形式.
Sony Pictures Digital Wave 64の名前で販売促進されている.
MicrosoftのWAV形式でのファイルの大きさの4GB限界を乗り越えるためにデザインされた.
バイナリファイル形式.
MicrosoftのRIFF/WAV形式に似ている.
通常非圧縮のサンプルオーディオをパルス符号変調(PCM)データとして保持する.
圧縮オーディオのコーデックもいくつかサポートする.
任意サンプリング周波数,任意チャンネル数,任意ビット深度をサポートする.
Sonic Foundryによって開発され,Sonyによって維持管理されている.
  • ImportExport はWave64形式で一般に使用される音声コーデックについてはすべてサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.w64"] はWave64ファイルをインポートし,サウンドオブジェクトを返す.
  • Export["file.w64", expr]はサウンドオブジェクトを16ビットのWave64ファイルにエキスポートする.
  • Import["file.w64"]Sound[SampledSoundList[data, r]]の形の式を返す.
  • Export["file.w64", expr]はWave64ファイルをサウンドオブジェクトexpr から作成する.
  • Import["file.w64", elem]は指定された要素をWave64ファイルからインポートする.
  • Import["file.w64", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.w64", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "Wave64"]あるいはImport["file", {"Wave64", elem, ...}]で指定することができる.
  • Export["file.w64", expr, elem]expr が要素elem を指定するものとして扱ってWave64ファイルを作成する.
  • Export["file.w64", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}] はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.w64", expr, opt1->val1, ...]は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとしてexpr をエキスポートする.
  • Export["file.w64", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"] は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはWave64オーディオ形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"実数のリストのリストとして与えられ,各部分リストが個々の音声チャンネルを表している生の音声サンプル
    "SampledSoundList"SampledSoundListとして与えられたWave64ファイル
    "Sound"Soundオブジェクトとして表示されたWave64ファイル
  • 要素はSampledSoundListの第1引数に対応する.
  • 複数のチャンネルが音声サンプルの配列として表示される.
  • ImportExport要素をデフォルトでWave64ファイルに使う.
  • 詳細なImport 要素:
  • "SampleRate"秒ごととチャンネルごとの振幅サンプル数

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • SampleRateAutomaticそれぞれのチャンネルについての秒ごとの振幅サンプル数
  • 詳細な属性と設定
  • "AudioChannels"Automaticファイル中の音声チャンネル数
    "AudioEncoding""Integer16"サンプルがどのように符号化されるか
  • Wave64にエキスポートする際にサンプルレートが指定されていない場合には,エキスポートされたサウンドで起る最大のサンプルレートが使われ,必要に応じてすべてのサウンドがもう一度サンプリングされる.
  • チャンネルの数が指定されていない場合には,最大数の同時チャンネルが使用され,必要であれば無音が挿入される.
  • がエキスポートされるチャンネル数よりも少ない値n に設定されている場合には,最初のn 個のチャンネルだけがエキスポートされる.
  • Wave64形式はPCM(パルス符号変調)コーデックとADPCM(適応差分パルス符号変調)コーデック,またその他のさまざまな音声符号化アルゴリズムをサポートする.
  • は次のどのコーデックに設定してもよい:
  • "UnsignedInteger8"符号なし8ビットのPCM
    "Integer16"16ビットのPCM
    "Integer24"24ビットのPCM
    "Integer32"32ビットのPCM
    "Real32"32ビットIEEE浮動小数点
    "Real64"64ビットIEEE浮動小数点
    "aLaw"A-law4ビットPCM (ITU-T G.711)
    "uLaw"-law4ビットPCM (ITU-T G.711)
    "IMA-ADPCM"IMAの4ビットADPCM
    "MS-ADPCM"Microsoftの4ビットADPCM
    "GSM610"GSM 6.10コーデック(ETSI 6.10標準)
  • すべてのコーデックが任意のサンプルレートとチャンネル指定をサポートするわけではない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

Playを使ってサンプリングされたサウンドを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

それをWave64にエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »