X3D (.x3d)

MIMEタイプ:model/x3d+xml
Web3D幾何形式.
Web上で,あるいはメディアアプリケーションで3Dモデルの分配に使われる.
XML形式.
複数の形状を保管することができる.
2003に導入され,Web3D Consortiumによって保守されている.
VRML形式の後継である.
  • ExportはX3D形式バージョン3.0をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Export["file.x3d", expr]Graphics3DオブジェクトをX3Dファイルにエキスポートする.
  • Export["file.x3d", expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてX3Dファイルを作成する.
  • Export["file.x3d", {expr1, expr2, ...}, {elem1, elem2, ...}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.x3d", expr, opt1->val1]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.x3d", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • Exportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ExportStringはX3D形式をサポートする.

要素要素

  • データ表現要素:
  • "Graphics3D"Graphics3D オブジェクトとして表された,3D形状を含むX3Dファイル
    "GraphicsComplex"GraphicsComplexオブジェクトのリストで,それぞれがファイルに保管された3D幾何データを表す
    "LineData"要素として与えられた頂点を参照する,指標のリストとして表された線
    "LineObjects"絶対座標で与えられたLine プリミティブのリスト
    "PointData"指標付き形式での点のデータ
    "PointObjects"絶対座標で与えられたPointプリミティブのリスト
    "PolygonData"指標付き形式での多角形のデータ
    "PolygonObjects"絶対座標で与えられたPolygonプリミティブのリスト
    "VertexData"頂点座標のリスト
    "VertexNormals"で与えられる,頂点に対応する法線ベクトル

オプションオプション

  • 高度なオプション:
  • "InvertNormals"False頂点の法線の向きを逆にするかどうか
    "VerticalAxis"{0,0,1}ファイルで使用する座標系について想定する向き
  • デフォルトではMathematica はX3D形式で使用される座標系では縦軸は第3座標に対応すると想定する.
  • と設定すると,Mathematica はX3Dにエキスポートするときに全グラフィックス座標にという変換を適用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

ParametricPlot3Dを使って3D形状を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

X3Dにエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »