XML (.xml)

MIMEタイプ:text/xml
XML汎用マークアップ言語と構造化ドキュメント形式.
主にコンピュータネットワーク内で異なるシステム間のデータ交換を行うために使用される.
階層モデルを構造化データの表示に使う.
マークアップタグ,属性,文字コンテンツから成るツリーに基づく構造にデータを保持する.
通常UTF-8で符号化されたプレーンテキストファイル.
XMLは,Extensible Markup Language(拡張マークアップ言語)からの頭字語である.
汎用マークアップ言語規約(SGML)のサブセットである.
1996年以来XML Working Groupによって開発されている.
2001年にW3C標準推薦RFC 3076として出版された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.xml"]はXMLベースのファイル形式に可能であれば特定のコンバータを使用する.可能でなければファイルを一般のXMLとしてインポートし,XMLObject式を返す.
  • Import["file.xml", "XML"]は常に一般的なXMLとしてインポートする.
  • XMLもMathematica もデータをツリー構造で表すため,お互いを自然にマッピングすることができる.Mathematica は,XMLのデータ構造をネストされたXMLElementオブジェクトとして,そしてXMLドキュメント全体をXMLObjectに埋め込まれたXMLデータとして保持する.
  • Export["file.xml", expr]は,XMLObjectあるいはXMLElement式をXMLにエキスポートする.
  • XMLObjectあるいはXMLElement以外の型の式は,ExpressionMLとしてエキスポートされる.
  • Import["file.xml"]XMLObject 式を返し,XMLドキュメント全体をXMLElement 式のツリーとしての記号的形式で表す.
  • ImportはデフォルトでXMLに文字列として保持された数値データを返す.
  • Export["file.xml", XMLObject[...]]あるいはExport["file.xml", XMLElement[...]]は,記号的な XML表示から一般的なグラフィックスXMLファイルを作成する.
  • Import["file.xml", elem]は指定された要素をXMLファイルからインポートする.
  • Import["file.xml", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.xml", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "XML"]あるいはImport["file", {"XML", elem, ...}]を使って指定することができる.
  • Import["file.html", "XML"]はHTMLをインポートする前に整形式のXMLに変換する.
  • Export["file.xml", expr, elem]expr を要素elem を指定するものとして扱って,XMLファイルを作成する.
  • Export["file.xml", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}] は,それぞれの が対応する を指定しているものとして扱う.
  • Export["file.xml", expr, opt1->val1, ...]は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとしてexpr をエキスポートする.
  • Export["file.xml", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"] は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString はXML形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全なリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "CDATA"文字列のリストとしてのCDATAセクション
    "Comments"文字列のリストとしてのXMLコメント
    "EmbeddedDTD"XMLドキュメントに含まれるDTD
    "Plaintext"ファイルのプレーンテキスト表示
    "Tags"ファイルに現れるすべてのタグのリスト
    "XMLObject"記号的なXML式としてのドキュメント全体
    "XMLElement"ネストされたXMLElementオブジェクト
  • Importはデフォルトで 要素を使う.

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "AllowRemoteDTDAccess"Trueネットワーク上で外部DTDを取ってくることを試みるかどうか
    "AllowUnrecognizedEntities"AutomaticXMLドキュメント中の未確認のものに構文解析が対処することを許すかどうか
    "IncludeDefaultedAttributes"False属性のデフォルト値で充填するかどうか
    "IncludeEmbeddedObjects"None含めるの)埋め込まれたオブジェクト
    "IncludeNamespaces"Automatic完全に記述したタグと属性の名前を返すかどうか
    "NormalizeWhitespace"Automatic先頭と末尾の余白を削除して,文字データ中の連続するスペースを単一のスペースに減らすかどうか
    "PreserveCDATASections"False文字データセクションを特別のオブジェクトとして保存するかどうか
    "ReadDTD"True外部DTDを読み取るかどうか
    "ValidateAgainstDTD"Automatic指定されたDTDに対してドキュメントを有効にするかどうか
  • Exportオプション:
  • "AttributeQuoting""'"属性値についてデリミタを指定する
    "ElementFormatting"Automaticエキスポートされたドキュメント内の要素のインデントと長い文字列の改行
    "Entities"None文字を名前付きの実体で置き換えることについての規則
    "NamespacePrefixes"{}形式のネームスペース接頭指定

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

XMLのサンプルファイルを記号的なXMLとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで使用可能なImport要素を示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

CDATAセクションをすべてインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

プレーンテキストに変換する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

このサンプルファイルに現れるすべてのXMLタグのリストを得る:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
バージョン 4.2 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »