XPORT (.stx,.xpt)

MIMEタイプ:application/x-sas-xport
SAS XPORTのトランスポート形式.
レガシーデータ交換形式.
ポータブルな形式で数値データセットを保持する.
テキスト形式.
1980年代後半にSAS Instituteによって開発された.
  • Importは完全にXPORT形式をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.stx"]はXPORTファイルをインポートして,すべてのデータセットを表として並べて返す.
  • Import["file.stx"]はそれぞれのデータセットを列に表示する形で,表にして返す.
  • XPORTデータはMathematica では,実数,整数,文字列,ブール関数値のTrueFalse,およびDateList 指定によって表示される.
  • Import["file.stx", elem]は指定された要素をXPORTファイルからインポートする.
  • Import["file.stx", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.stx", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式は,Import["file", "XPORT"]あるいはImport["file", {"XPORT", elem, ...}]を使って指定することができる.
  • Importについての完全な一般情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはXPORT形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"表に並べられたデータセット
    "LabeledData"規則のリストとして与えられたデータセット
  • Import要素をデフォルトで使用する.
  • Import["file.stx"]はすべてのデータセットを読み取り,それらを表として返す.
  • Import["file.stx", "LabeledData"]はファイル全体をインポートし,形式 の式を返す.この場合, は表見出しである.
  • メタ情報要素:
  • "Labels"文字列のリストとして与えられるデータセット名
    "Metadata"文字列のリストとして与えられる,それぞれのデータセットに関する情報

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "EmptyField"""Mathematica で空のセルがどのように表示されるか

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

XPTファイルをWebサイトからインポートし,すべてのデータセットのラベルを返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

データセットの最初の入力をいくつか得る:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

2組のデータセットをインポートして,それらをListPlotとして可視化する:

In[4]:=
Click for copyable input
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »