ZIP (.zip)

登録MIMEタイプ:application/zip
一般的なデータ圧縮・アーカイブ形式.
保管スペースと転送時間を減らすために使われる.
バイナリ形式.
複数のファイルを含むことができる.
種々の圧縮法をサポートする.
1989年にPhil Katzによって開発された.
  • ImportExportはZIP形式を完全にサポートする.
  • ImportExportは一般のZIPアーカイブと,複数の関連ファイルからなる特定のアプリケーション形式を扱うことができる.

ImportとExportImportとExport

  • サポートされている複数ファイルのImport形式を構成するZIPアーカイブからインポートするとき,この形式のコンバータが使用される.
  • Import["file.zip"]は一般ZIPファイル中の全ファイルの完全パス指定を与える.
  • Export["file.zip", "fn"->expr]はファイル拡張子からファイル形式を推測し,expr をファイルにエキスポートしてZIPアーカイブとして保存する.
  • Export["file.zip", {"fn1"->expr1, "fn2"->expr2, ...}]は複数の式をZIPアーカイブとしてエキスポートする.
  • Import["file.zip"]という形の式を返す.
  • Import["file.zip", "fn"]はアーカイブからを抽出し,それをインポートする.
  • Import["file.zip", elem]はZIPファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.zip", {elem, suba, subb, ...}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.zip", {{elem1, elem2, ...}}]は複数の要素をインポートする.
  • Import["file", "ZIP"]またはImport["file", {"ZIP", elem, ...}]は任意のファイルをZIPアーカイブとしてインポートする.
  • Export["file.zip", expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてZIPアーカイブを作成する.
  • Export["file.zip", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.zip", expr, opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.zip", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはZIPアーカイブ形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • ZIPアーカイブの個々のファイルの選択・指定には以下が使える:
  • "FileNames"ZIPアーカイブの内容を表すファイル名のリスト
    "filename"単一のファイル
    "filename","format" 指定の形式の単一のファイル
    "filename","format",elem特定のファイルの要素elem
  • Importはデフォルトで要素をZIP形式に使用する.
  • Import["file.zip", "fn"]はファイルをインポートする.
  • ファイル名は相対的な,あるいは絶対的なディレクトリ指定と,StringMatchQでサポートされる省略された文字列パターンを含むことができる.
  • Import["file.zip", "*"]はアーカイブ全体をインポートする.
  • Import["file.zip", "dir/*.jpg"]はサブディレクトリdir から全JPEGファイルをインポートする.
  • Export["file.zip", {"file1.gif"->"expr1", "file2.txt"->"expr2"}, "Rules"]はGIFファイルとテキストファイルを含むZIPアーカイブを作成する.
  • Export["file", {expr1, expr2}, {"ZIP", {{"file1", "GIF"}, {"file2", "Text"}}}]も同じである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

GIFファイルとテキストファイルを含むZIPアーカイブを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input

ZIPアーカイブをインポートすると,アーカイブ中のファイル名が与えられる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

このZIPファイルから「a.gif」を抽出してインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ファイルから「b.txt」を抽出してインポートする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »