ZPR (.zpr)

ZPrint CAD形式.
Z Corporation 3Dプリンタで使われる.
ZEdit,ZPrintアプリケーションのネイティブ形式.
Z Corporationによって開発された.
物理的な3Dモデルと色情報を保管する.
バイナリ形式.
  • ExportはZPR形式のバージョン1をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Export["file.zpr", expr]は3DオブジェクトをZPRファイルにエキスポートする.
  • Export["file.zpr", Graphics3D[...]]は物理的モデルを表すZPRファイルを作成する.
  • ZPRファイルに記述されているオブジェクトの実際の物理的サイズは,一般に印刷するときに決定される.
  • Export["file.zpr", expr, elem]expr が要素elem を指定してるとしてZPRファイルを作成する.
  • Export["file.zpr", {expr1, expr2, ...}, {{elem1, elem2, ...}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.zpr", expr, opt1->val1, ...]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.zpr", {elem1->expr1, elem2->expr2, ...}, "Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • Exportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ExportStringはZPR形式をサポートする.

要素要素

  • データ表現要素:
  • "Graphics3D"Graphics3DオブジェクトをZPRにエキスポートする
    "GraphicsComplex"GraphicsComplexオブジェクトをエキスポートする
    "PolygonData"指標付き形式での多角形要素
    "PolygonObjects"絶対座標で与えられたPolygonプリミティブのリスト
    "VertexColors"色プリミティブのリストで与えられる,各頂点に関連付けられた色
    "VertexData"頂点座標のリスト
  • ExportはデフォルトでGraphics3D要素を使う.

オプションオプション

  • 高度なオプション:
  • "VerticalAxis"{0,0,1}ファイルで使用されている座標系に対して想定する方向
  • デフォルトでは,Mathematica はZPRで使用されている座標系では,縦軸は第3座標に対応すると想定する.
  • と設定すると,Mathematica はZPRからのエキスポートの際に全グラフィックス座標に変換を適用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

RegionPlot3Dを使って3D形状を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ZPR形式にエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

インライン3Dグラフィックスをエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »