"TemplateSelection"

このトークンはMathematica システムに完全に統合されていません.変更される可能性があります.


挿入点の右側に関数のテンプレートを挿入するフロントエンドトークン.

詳細詳細

  • 編集 ► テンプレートの作成と同等である.
  • 関数名を部分的に入力した後でを使うと,Mathematica は挿入位置の左側を参照して適した関数名や変数名を探す.この名前が定義された関数ではない場合,テンプレートを作成する前にが適用される.
  • 一般的な使用法は,FrontEndExecute[FrontEndToken["TemplateSelection"]]である.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »