ファイル 開く...

開く
既存のファイルを開くダイアログボックスを開く.

詳細詳細

  • Mathematica は次のようなファイル形式を解釈することができる:
  • Mathematica ファイルノートブック(.nbまたは.ma),計算可能なドキュメント形式(Computable Document Format, .cdf),Mathematica Player (.nbp),パッケージ (.m)
    Textテキストファイル,Rich Text Format
    EPSFEncapsulated PostScriptファイル
    PICT (Macintosh)画像を含む単独セルとしてのPICTファイル
    QuickTime (Macintosh)QuickTimeセルとして開くQuickTimeムービー
  • 作成したノートブック・パッケージは,Mathematica のどのバージョンを使っても開くことができる.ノートブックのファイル拡張子は.nbあるいは.ma,Computable Document Formatファイルの拡張子は.cdf,Mathematica Player ファイルは拡張子.nbp,Mathematica パッケージの拡張子は.mである.バージョン5以前で作成したノートブックを開くときには,ダイアログボックスが現れて,バージョン6のノートブック形式に変換することができる.
  • ワードプロセッサで通常使われるテキストファイルは,すべてのテキストを単一セルとして開かれる.テキストすべてが一行に表示される場合は,セルスタイルをTextに変換する.このスタイルではデフォルトでワードラップが使われる.
  • Encapsulated PostScriptファイルは1つのグラフィックスセルを含んだノートブックとして開かれる.Mathematica で生成されたファイルでは,結果として生じたセルはファイルを生成したものと同じである.その他のプログラムで生成さたファイルでは,描画または印刷の前にPostScriptを手動で編集する必要がある場合がある.
  • キーボードショートカット:Ctrl+O
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »