math


UnixとLinux上で Mathematica カーネルを起動する.

詳細詳細

  • はスタンドアロンの Mathematica カーネルを実行する.ノートブックインターフェースを含むMathematica のシステムにフルアクセスするには,mathematicaを使うとよい.
  • スタンドアロンのカーネルセッションは,通常入力を(通常,キーボード)から読み取り,式を評価し,そしてその結果を(通常,表示デバイス)に表示する.入力と出力は Mathematica のコマンド,あるいは標準シェル構造を使って,リダイレクトすることができる.
  • 次のコマンドラインオプションを返すことができる:
  • -mathlinkMathLink を通してのみ交信する
    -initfile "file"スタートアップ中に初期設定ファイル 内でコマンドを実行する
    -lmverboseMathLM とのインタラクションに関する情報を表示する
    -noinitどの初期設定ファイルも読み取らない
    -password "pw"パスワード を使用する
    -pwfile "file" からパスワードを読み取る
    -run cmdスタートアップするときに を実行する
    -nopromptバナーあるいはIn/Outプロンプトを表示しない(一括入力の際に便利)
    -script "file"スクリプトモードで からコマンドを実行する
  • -scriptコマンドラインオプションが与えられた場合,カーネルはコマンドを一括して,あるいはスクリプトモードで から評価して終了する.
  • スクリプトモードでは,カーネルはバナーあるいはIn[]Out[]のラベルを表示せず,PageWidthオプションを事実上Infinityに設定して,すべての出力をInputFormで生成する.
  • スクリプトモードでは,標準の入出力はリダイレクトされないので,入出力は他のプロセスとともにパイプで使える.
  • スクリプトモードでは,「#!」の文字でファイルが始まる場合,カーネルはその第1行を無視する.
  • コマンドラインオプションが与えられていない場合には,カーネルは環境変数の値を読み取って,その値をコマンドラインに入力されたかのように使用する.
  • Mathematica 変数$IgnoreEOFTrueと設定されていない限り,カーネルはファイル終了文字列を受け取ると終了する.カーネルはコマンドQuitを受けると常に終了する.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »