mathlm


Mathematica ライセンスマネージャであるMathLM を起動する.

詳細詳細

  • MathLM はネットワーク化されたライセンスサーバ上で実行する.このサーバにクライアントコンピュータはTCP/IPで接続されていて,使用のためにMathematica ライセンスを借り出す.
  • は,追加設定を行わなくても,IPv4およびIPv6の両環境をサポートする.
  • 次のコマンドラインオプションを返すことができる:
  • -foregroundMathLM をフォアグラウンドに置いておいてstdoutにサーバメッセージを表示する
    -helpすべてのコマンドラインオプションのリストとMathIDを表示する
    -language langサーバメッセージを表示する言語を指定する
    -localtimeサーバメッセージにグリニッジ標準時(GMT)の代わりに現地時間を使う
    -logfile file指定されたログファイルにサーバメッセージを書き込む
    -logformat stringサーバメッセージを表示する形式を指定する
    -loglevel nサーバメッセージの情報量のレベルを指定する
    -mathidMathLM を実行しているマシンのMathIDを表示する
    -noremotemonitorMathLMMonitorLM を通して遠隔監視することができないことを指定する
    -pwfile fileMathematica パスワードをどのファイルの中に探すのかを指定する
    -restrict fileどのようにMathematica ライセンスを割り当てるのかを記載した規定ファイルを指定する
    -timeout n指定された時間後に一時停止されていたライセンスを返す
    -trfile fileエラーメッセージのテキストの代わりのものを定義するファイルを指定する
  • 次のコマンドラインオプションもUnix,Linux,Mac OS Xで使用することができる:
  • -syslogsyslogdへのメッセージを記録する
  • 次のコマンドラインオプションもWindowsでは使用することができる:
  • -installMathLM をサービスプログラムとしてインストールして自動的にサービスを開始する
    -uninstall現在実行している任意のMathLM 処理を停止してMathLM をサービスのリストから取り除く
  • -installを使うと,任意の与えられた引数はサービスの一部として保持され,MathLM が自動的に起動するときに使われる.
  • -languageで可能な の値は,英語,フランス語,ドイツ語,日本語である.
  • -loglevelの情報量には,次の4つのレベルがある:
  • 1サーバのスタートアップあるいはシャットダウンエラーを報告して成功したスタートアップメッセージを表示する
    2レベル1からのすべてとすべてのランタイムエラーメッセージを報告する
    3レベル2からのすべて,すべてのライセンスの動作,そしてプロセスIDとソケット番号に関するスタートアップメッセージを報告する
    4レベル3からのすべて,デバッグ情報,そしてすべてのライセンストランザクションのライセンス表を報告する
  • -foregroundが指定されている場合には,デフォルトの情報量レベルは4に設定される.
  • -loglevelを使わずに-logfileを使う場合は,デフォルトのロギング情報量は3に設定される.
  • レベルを指定せずに-loglevelが使われる場合は,情報量のデフォルトは4に設定される.
  • ログメッセージのデフォルトの形式は,W3C共通ログファイル形式である.MathLM のログファイルはImport 形式"ApacheLog"を使ってインポートすることができる.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »