monitorlm


上で実行されているMathLM を監視する

詳細詳細

  • は,使用可能なライセンスと借り出されているライセンスの総数,ライセンスを借り出した人の完全に記述したドメイン名とユーザ名等の情報を与える.
  • が指定されていない場合には,はローカルマシンのデフォルトになる.
  • は,追加設定を行わなくても,IPv4およびIPv6の両環境をサポートする.
  • 次のコマンドラインオプションを使うことができる:
  • -file file出力が送られるべきファイルを指定する
    -format fMonitorLM の出力形式を指定する
    -localtimeすべて与えられる時間はグリニッジ標準時ではなく現地時間になるように指定する
    -template fileMonitorLM の出力のテンプレートとなるファイルを指定する
  • を使う場合に可能な形式:
  • textテキスト形式で出力をstdoutに送信する
    htmlHTML形式で出力を一時ファイルに送信し,そのファイルを表示するためにウェブブラウザを起動する
    cgiHTML形式で出力をstdoutに送信する(ウェブブラウザから直接呼び出された場合に使う)
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »