mprep


MathLink テンプレートファイル を前処理して,Mathematica からC関数を呼び出すのに必要なMathLink コードすべてを含むCコードを生成する.

詳細詳細

  • mprepは,Mathematica 関数とC関数の間のインターフェースを表す.tmテンプレートファイルを処理する.これらのインターフェースによって,Mathematica は,Mathematica ランタイム内からC関数を呼び出すことができる.
  • mprepは,必要なC MathLink API 関数の呼出しの集合を生成して,Mathematica カーネルと自動的に交信する.ユーザは,mprepで生成されたCコードを取ってきてそれをコンパイルし,自分のC言語プログラムの残りの部分にリンクすることができる.その結果できたプログラムはInstallで使用するのに適している.
  • mprepは,次のコマンドラインのオプションをサポートする:
  • -prototypesANSI C関数プロトタイプの使用を可能にする(デフォルト)
    -noprototypesANSI CプロトタイプをサポートしないコンパイラでANSI C関数プロトタイプが使えないようにする
    -linesソースラインとソースファイルの位置を出力Cファイルに記録できるようにする
    -nolinesソースラインとソースファイルの位置を出力Cファイルに記録できないようにする
    -h filenamefilename の内容をmprepで作成されるデフォルトヘッダコードとしてではなく,出力Cファイルのカスタムヘッダコードとして使う(使用には注意が必要)
    -t filenamefilename の内容をmprepで作成されるデフォルト後書きコードとしてではなく,出力Cファイルのカスタム後書きコードとして使う(使用には注意が必要)
    -o filenamefilename という名前のファイルに出力を書き込む
    -j filenamefilename からファイル名のリストを読み取り,それぞれのファイルを一括モードで処理する
  • を使うと,テンプレートファイルからの入力は# line line-number "sourcefile"に先行される.
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »