行列の構築

Table[f,{i,m},{j,n}] 番目の要素を与える ij の関数 f を使い m×n の行列を作る
Array[f,{m,n}] 番目の要素が である m×n の行列を作る
ConstantArray[a,{m,n}]すべての要素が a に等しい m×n 行列を作る
DiagonalMatrix[list]対角成分を list とする対角行列を作る
IdentityMatrix[n]n×n の単位行列を作る
Normal[SparseArray[{{i1,j1}->v1,{i2,j2}->v2,...},{m,n}]]位置の値 が非零である行列を作る

行列を作る関数

成分をとする2×2の行列を作る.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
同じ行列を別な方法で作ってみる.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
3×2の零行列を作る.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
DiagonalMatrixを使うと,得られる行列で対角以外の成分はすべて0になる.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
IdentityMatrix[n]を使い,n×n の単位行列を作る.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
2つの非零要素を補充した3×4行列を作る.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
MatrixFormは二次元形式で行列を出力する.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]//MatrixForm=
Table[0,{m},{n}]零の行列
Table[If[i>=j,1,0],{i,m},{j,n}]下三角行列
RandomReal[{0,1},{m,n}]乱数成分を持つ行列

特殊な行列の構築

TableIf[i≥j, a++, 0]を各要素別々に評価し,下三角の部分の項目が連続的に大きくなる行列を与える.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
SparseArray[{},{n,n}]零行列
SparseArray[{i_,i_}->1,{n,n}]n×n 単位行列
SparseArray[{i_,j_}/;i>=j->1,{n,n}]下三角行列

SparseArrayを使って特殊な行列を構築する

これで一般的な下三角行列を設定する.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]//MatrixForm=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »