MATHEMATICAチュートリアル

同次方程式

これは,右辺の分子と分母両方の合計次数が2である同次方程式である.2つの部分からなる解のリストは,という形式で積分曲線の分岐を与える.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
以下では両方の分岐をプロットし,C[1]のいくつかの値についての完全な積分曲線を表示している.
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
初期条件が指定されている場合は,DSolveによって初期値を通過する分岐が選ばれる.メッセージDSolve::bvnulは,一般解の1つの分岐(上のグラフでは下方の分岐)が指定された初期条件 を満足する解を与えないことを示している.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »