MATHEMATICAチュートリアル

部分リストの構成

First[list]リスト list の1番目の要素を抽出する
Last[list]リストの最後の要素を抽出する
Part[list,n] または list[[n]]リストの n 番目の要素を抽出する
Part[list,-n] または list[[-n]]リストの後ろから数えて n 番目の要素を抽出する
Part[list,m;;n]要素 m から n を抽出する
Part[list,{n1,n2,...}] または list[[{n1,n2,...}]]
, , ...番目の要素を抽出したリストを作成する

リスト要素の抽出

このリストを以下の例で使用する.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
の最終要素を抽出する.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
第3要素を抽出する.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
要素からまでのリストである.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
第1,第4要素から新たなリストを作る.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
Take[list,n]リスト list で前から n 個の連番要素を抽出し,リストに構成する
Take[list,-n]リストで後ろから n 個の連番要素を抽出し,リストに構成する
Take[list,{m,n}]リストで m 番目から n 番目までの連番要素を抽出し,リストに構成する
Rest[list]リスト list から先頭要素を除いたリストを作る
Drop[list,n]リスト list から初めの n 個の要素を除いたリストを作る
Most[list]リスト list から最終要素を除いたリストを作る
Drop[list,-n]リスト list から後ろの n 個の要素を除いたリストを作る
Drop[list,{m,n}]リスト listm 番目から n 番目の要素を除いたリストを作る

リストからの連番要素の抽出と除去

前に定義したリストから最初の3要素を取り出す.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
同じリストから末尾の3要素を取り出す.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
番目の要素を取り出す.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
番目から番目まで,ステップ(1つおき)で取り出す.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
の最初の要素を除いたリストを作る.
In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=
の最初の3つの要素を除いたリストを作る.
In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=
の第3要素だけが除かれる.
In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=

「式のリスト的操作」で詳しく説明するが,ここで見てきた部分抽出の関数は,一般化することでリストだけでなく他のどんな式にも適用することができる.

ここで取り上げた関数は,リスト中の位置関係に基づいて要素を取り出すためのものである.「パターンにマッチする式の検索」で説明するが,SelectCases等の関数を使えば,要素の位置関係ではなく,要素の特徴に基づいた抽出や検索もできるようになっている.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »