MATHEMATICAチュートリアル

MathLM のインストール

必要なシステム

MathLM は,Windows,Linux,Mac OS Xで利用できる.使用できるプラットフォームの詳細リストは,www.wolfram.co.jp/mathematica/features/system-requirements.htmlをご参照いただきたい.それぞれの MathLM ライセンスサーバは,MathLM が動いているプラットフォームにかかわらず,どのような組合わせのクライアントマシンでもサポートすることができる.MathLM はIPv4とIPv6のどちらの環境も自動的にサポートする.

ライセンスサーバとして選ぶマシンは安定しており,クライアントへ確実なTCP/IP接続ができるものでなければならない.MathLM には,最低限のプロセッサとメモリリソースしか必要ないので,確実なネットワーク接続ができるマシンであれば,多少古くてもライセンスサーバとして使用できる.できれば,ライセンスサーバとクライアントの間にはファイアウォールが全く介在していないことが望ましい.ファイアウォールが介在する場合は,ファイアウォールを超えて適切なポートへのトラフィックが許可されるように,ネットワークを設定する必要がある.ライセンスサーバは,ライセンス契約書に記載されている通り,製品が登録されている物理的な場所になければならない.

MathLM をインストールして実行するためには,Wolfram Researchに登録し,パスワードを取得しなければならない.詳細は「登録とパスワード」を参照のこと.

Windowsに MathLM をインストールする

Windows XP/Vista/7に MathLM をインストールするためには,管理者権限が必要である.

Windowsに MathLM をインストールする

1.  MathLM CDを挿入する.Wolfram Mathematica 9 License Managerウィンドウがスクリーンに現れる.Install MathLM to a hard diskというボタンをクリックする.

2.  Wolfram Mathematica License Manager Setupダイアログがスクリーンに現れる.Nextをクリックしてインストールを開始する.

3.  MathLM はデフォルトでは,C:\Program Files\Wolfram Research\MathLMディレクトリにインストールされる.他のインストール先を指定したいときは,Browseをクリックする.Nextをクリックして続行する.

4.  すでにインストールしてある MathLM で,削除したいものを選ぶ.Nextをクリックして続行する.

注:前バージョンの MathLM の上にインストールする場合は,既存のmathpassファイル,カスタム設定,MonitorLM の環境設定ファイルは削除されない

5.  Installをクリックして MathLM をインストールする.

6.  現れたダイアログボックスに,MathID番号が表示される.パスワードを取得するためには,Mathematica のアクティベーション」に記載の手順に従う.パスワード取得の際には,ライセンス証書の電子版あるいは印刷版に記載されているアクティベーションキーとMathID番号が必要である.

パスワードを入手したら,ダイアログボックスにアクティベーションキーとパスワードを入力する.Addをクリックして,認められたパスワードのリストに新しいパスワードを加える.Nextをクリックして続行する.

7.  MathLM のインストールが終了すると,Wolfram Mathematica License Manager Setupダイアログでその旨が表示される.Finishをクリックしてインストールを終了する.

インストールが終了すると,MathLM は自動的に起動する.MathLM にこれ以外のオプションを設定したい場合は,MathLM の起動」を参照のこと.

LinuxとMac OS Xに MathLM をインストールする

MathLM をLinuxにインストールし実行するためには,root権限が必要である.MathLM をMac OS Xにインストールし実行するためには,管理者権限がなければならない.

LinuxとMac OS Xに MathLM をインストールする

Mac OS Xでは,「ターミナル」アプリケーションを開き,ターミナルウィンドウに以下のコマンドを入力する.

1.  CD/DVD-ROMドライブに MathLM CDを挿入する.

2.  CDをマウントする.CDのマウントに関しての詳細は,「LinuxでCDおよびDVDをマウントする」を参照のこと.

注:オペレーティングシステムによっては,自動的にマウントを実行するものがあるので,このステップはMac OS Xと一部のLinuxプラットフォームでは必要ない.

3.  ディレクトリをCDマウントポイントの下の適切なサブディレクトリに変更する.CDマウントポイントの正確な位置は,異なるLinuxでは異なる可能性がある.

Linux:

cd / cdrom /Unix

Mac OS X:

cd /Volumes/MathLM/Macintosh

4.  下記コマンドを入力し,Enterを押す.

./MathLMInstaller

5.  マシン名とMathID番号が表示される.パスワードを取得するためには,Mathematica のアクティベーション」に記載の手順に従う.パスワード取得の際には,アクティベーションキー(ライセンス証書の電子版あるいは印刷版に記載)とMathID番号が必要である.

パスワードを取得したらcとタイプしてEnterを押し,インストールを続ける.

6.  ライセンス証書の電子版あるいは印刷版に記載された通りに MathLM のアクティベーションキーを入力し,Enterを押す.

7.  MathLM のパスワードを入力し,Enterを押す.

8.  インストーラが,MathLM のインストールディレクトリを指定するよう求めてくる.デフォルトでは/usr/local/Wolfram/MathLMになっている.ここでよければEnterを押す.別の場所が選びたい場合は,インストール先を入力してからEnterを押す.

注:存在しないディレクトリを選んだ場合は,インストーラがそのディレクトリを作成する.指定したディレクトリにすでに別の MathLM が存在する場合は,ファイルをアップデートする前にインストーラがこれを知らせる.

注:前バージョンの MathLM の上にインストールする場合は,既存のmathpassファイル,カスタム設定,MonitorLM の環境設定ファイルは削除されない

9.  インストーラが,シンボリックリンクを作成するディレクトリの指定を求める.デフォルトの場所は/usr/sbinである.ここでよければEnterを押す.別の場所に作りたければ,新しい場所を入力してからEnterを押す.

注: 存在しないディレクトリを選んだ場合は,インストーラがそのディレクトリを作成する.指定したディレクトリに以前のバージョンの MathLM へのシンボリックリンクが存在する場合は,ファイルをアップデートする前にインストーラがこれを知らせる.

10.  インストーラがCDからファイルをコピーし始める.作成されたディレクトリはすべてスクリーン上にリストされ,パスワードファイルの場所が表示される.インストールの過程でエラーメッセージが生成されると,そのメッセージはインストールディレクトリに記録される.

11.  インストールが完了したら MathLM を手動でスタートしなければならない.まず,ディレクトリを MathLM がインストールされたディレクトリに変更する(デフォルトは/usr/local/Wolfram/MathLM).次に下記のコマンドのいずれかを実行する.

MathLM を起動するためには,以下のコマンドを入力する.

./mathlm

MathLM を起動してログメッセージをファイルに書き込むためには,以下のコマンドを入力する.

./mathlm -logfile filename

ここに挙げたオプションは,ほんの一例に過ぎない.MathLM のこの他のコマンドラインオプションについては,MathLM の起動」を参照のこと.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »