描画ツール

描画ツールの起動

ショートカットCtrl+D (T on MacOSX)をタイプ,または グラフィックス ► 描画ツールメニューを選択する.

パレットの見出しのテキストをクリックすると各ツールの詳細情報にジャンプする.

ツールの選択

各ツールを選択するには以下のいずれかを行う:

  • パレット上のツールボタンをクリックする.
  • グラフィックスが選択された状態で,次の文字の1つをタイプする: ordgaptbcslfme.

ツールの維持

次の2通りの使い方がある:

  • ツールボタンをクリックして,ツールを一度使用する.使用後,ツールは自動的に選択ツールに戻る.
  • ツールボタンをダブルクリックすると,そのツールを継続して使用することができる.

ツール

選択ツール

選択ツールを使い,グラフィックスプリミティブ全体を選択することができる.選択範囲はハンドルの付いたフレームで囲まれる.

選択範囲はハンドルの付いたフレームで囲まれる.ハンドルをShift+ドラッグすると,縦横同じ比率でスケールすることができる.

オブジェクトをドラッグすると,動かすことができる.

Shift+クリックでオブジェクトを選択解除したり,選択範囲に追加したりすることができる.

選択する部分をカバーするように長方形領域をドラッグすることにより,その中にあるすべてのオブジェクトが選択できる.

オブジェクトが完全に他のオブジェクトに下に隠れている場合,ドラッグして選択することにより,それが見えるようになる.そしてハイライト部分をドラッグすることにより,移動することが可能である.

選択ツールの使用に関する詳細はグラフィックスオブジェクトの選択を参照のこと.

矢印ツール

矢印ツールボタンをクリックしてポインタ()ドラッグする.Shiftキーを押した状態で,ドラッグすると水平と垂直方向のみの矢印が描かれる.

5.gif

ストローク設定セクションで矢印のスタイルが設定できる.
で矢印の鏃が設定できる.

6.gif

セクションで鏃が設定できる.

7.gif

フリーハンドツール

フリーハンドツールボタンをクリックしてポインタ ()をドラッグすると,そのトレースが描かれる.

10.gif

フリーハンドツールボタンをダブルクリックすると複数の曲線を描くことができる.

11.gif

直線ツール

直線を描くには,直線ツールをクリックし,ポインタ()をドラッグする.Shiftキーを押した状態でドラッグすると,水平と垂直方向のみの直線が描かれる.

14.gif

ストローク設定セクションで線のスタイルが設定できる.

15.gif

線分ツール

線分ツールボタンをクリックし,ポインタ()をドラッグすると,折れ線を描くことができる.クリックするごとに新しい線分になる.終点をダブルクリックするか,始点をクリックすることにより,終了する.

18.gif

ストローク設定セクションで線のスタイルが設定できる.

19.gif

点ツール

ツールボタンをクリックして選択してからクリックしてすると,点を描くことができる.

21.gif

ポイントセクションで点のスタイルが設定できる.

22.gif

テキストツール

テキストツールを使い,グラフィックスにテキストを加えることができる.

24.gif

テキストセクションでテキストのスタイルが設定できる.

25.gif

TraditionalFormテキストツール

TraditionalFormテキストツールを使い,グラフィックスにTraditionalFormテキストを加えることができる.

27.gif

28.gif

テキストセクションでテキストのスタイルが設定できる.

29.gif

長方形ツール

長方形を描くには,長方形ツールをクリックし, ポインタ()をドラッグする.Shiftキーを押しながら実行すると正方形を描くことができる.

32.gif

塗りつぶし設定ストローク設定セクションで,それぞれ面と辺のスタイルが設定できる.

33.gif

多角形ツール

多角形ツールボタンをクリックし,ポインタ()をドラッグして多角形を描くことができる.をドラッグして多角形を描くことができる.終点をダブルクリックするか,始点をクリックすることにより,終了する.

36.gif

塗りつぶし設定ストローク設定セクションで,それぞれ面と辺のスタイルが設定できる.

37.gif

円板ツール

円板ツールボタンをクリックし,ポインタ()をドラッグして円,楕円を描くことができる.

40.gif

Shiftキーを押しながら実行すると円が描かれる.

41.gif

円ツール

ツールボタンをクリックし,ポインタ()をドラッグして塗りつぶされていない円,楕円を描くことができる.

44.gif

Shifキーを押しながら実行すると円が描かれる.

45.gif

スタイルの抽出ツール

グラフィックスオブジェクトを選択してスタイルの抽出ツールボタンをクリックする.

47.gif

別のグラフィックスオブジェクトをクリックすると,選択されたオブジェクトのスタイルがクリックしたオブジェクトのスタイルに合致するように変更される.

48.gif

ツールを選択した後,スタイルを抽出する前に現在選択されているものとは別のオブジェクトを選択するには,選択したいオブジェクトをCtrl (Cmd on MacOSX)+クリックする.

49.gif

座標の取得ツール

座標の取得ツールをクリックし,マウスポインタ()ツールをクリックし,マウスポインタ

52.gif

クリックするとその座標位置にマーカーを付けることができる.マーカーを削除するにはCtrl (Cmd on MacOSX)+クリックする.

53.gif

マーカーを付けた座標はCtrl (Cmd on MacOSX)+Cでクリップボードにコピーできる.Ctrl (Cmd on MacOSX)+Vを使ってコピーされた座標値を入力セルにペーストする.
In[321]:=
Click for copyable input
Alt+ドラッグで長方形にマークし,Ctrl (Cmd on MacOSX)+Cで対角頂点の座標をコピーする

54.gif

Ctrl (Cmd on MacOSX)+Vでペーストする.
In[323]:=
Click for copyable input
ドラッグすると座標パスにマーカーを置くことができる.Ctrl (Cmd on MacOSX)+Cとタイプして座標をコピーする.

55.gif

入力セルに座標をペーストする.
In[325]:=
Click for copyable input

操作

新規グラフィックス

以下のいずれかを行う:

  • Ctrl+1をタイプ.
  • パレットの新規ボタンをクリックする.

グループ化

複数のグラフィックスオブジェクトを選び,以下のいずれかを行う:

  • パレットのグループ化ボタンをクリックする.
  • オブジェクトの一つまたはフレームハイライトを右クリックしてグループ化を選ぶ.
    • グラフィックス ► 操作 ► グループ化を選ぶ.
    点線のフレームハイライトは,グループ化されたグラフィックスオブジェクトを表す.

    57.gif

    グラフィックスのグループを選択し,以下のいずれかを行う:

  • パレットのグループ化解除ボタンをクリックする.
  • オブジェクトの一つまたはフレームハイライトを右クリックしてグループ化解除を選ぶ.
    • グラフィックス ► 操作 ► グループ化解除を選ぶ.
    グループ化を解除すると,通常通り,複数の選択項目がハイライトされた形になる.

    58.gif

アレンジ

以下の操作で,重なっているオブジェクトの順番を変えることができる.

59.gif

重なっているグラフィックスの中のオブジェクトを選び,以下のいずれかの操作で背面に移動させる:

  • パレットの最背面に移動ボタンをクリックする.
  • オブジェクトを右クリックし,最背面へを選ぶ.
    • グラフィックス ► 最背面へを選ぶ.

    60.gif

    最前面に移動を使ってオブジェクトを他のすべてのオブジェクトの前に移動する.

    61.gif

    背面に移動 でオブジェクトをそのすぐ後ろのオブジェクトの背面に動かす.

    62.gif

    前面に移動でグラフィックスオブジェクトをすぐ前のオブジェクトの前面に動かす.

    63.gif

整列

以下の操作を使って複数のグラフィックスオブジェクトを整列させることができる.

64.gif

複数のグラフィックスオブジェクトを選び,以下のいずれかの操作で左側に整列させる:

  • パレットの水平方向左に整列ボタンをクリックする.
    • グラフィックス ► 水平方向左に整列を選ぶ.

    65.gif

    中央を縦に揃えるでオブジェクトを縦に揃える.

    66.gif

    水平方向右に整列でオブジェクトを右に揃える.

    67.gif

    垂直方向下に整列を使ってオブジェクトを下側で揃える.

    68.gif

    中央を横に揃えるでオブジェクトを横に中央で整列させる.

    69.gif

    垂直方向上に整列でオブジェクトの上側を揃える.

    70.gif

分布

以下の操作を使って選択したグラフィックスオブジェクトの間の空間を調整することができる.

71.gif

3つ以上のグラフィックスオブジェクトを選び,以下のいずれかの操作を使って各オブジェクトの左側が等間隔に置かれるように配置する:

  • パレットの水平方向左に分布ボタンをクリックする.
    • グラフィックス ► 水平方向左に分布を選ぶ.

    72.gif

    水平方向中央に分布を使ってオブジェクトの中央が水平方向に等間隔になるように配置する.

    73.gif

    水平方向右に分布を使ってオブジェクトの右側が等間隔になるように配置する.

    74.gif

    水平方向等間隔に分布を使うと,オブジェクトとオブジェクトの間の空間が等しくなるように配置される.

    75.gif

    垂直方向上に分布を使ってオブジェクトの上側が等間隔になるように配置する.

    76.gif

    垂直方向中央に分布を使ってオブジェクトの中央が垂直方向に等間隔になるように配置する.

    77.gif

    垂直方向下に分布を使ってオブジェクトの下側が等間隔になるように配置する.

    78.gif

    垂直方向等間隔に分布を使うと,オブジェクトとオブジェクトの間の空間が等しくなるように配置される.

    79.gif

スタイルと属性

以下のいずれかの操作を行う:

  • グラフィックスオブジェクトを選択し,パレットのコントロールを使ってスタイルや属性を変更する.
  • (ツールを選択する前または選択した後に)コントロールを使って希望のスタイルや属性を設定してから,グラフィックスオブジェクトを描画する.
  • ブラフィックスオブジェクトを選択してから新たにオブジェクトを描画することで,最初に選択したオブジェクトのスタイルと属性をそのまま使用する.

塗りつぶし

塗りつぶし設定セクションを使ってRectangleDiskPolygon等の図形の塗りつぶし色や不透明度を変更する.

80.gif

ストローク

ストローク設定セクションを使ってLineCircleArrow等の線のグラフィックスオブジェクトの色,不透明度,太さ,点線・破線,キャップと接続のスタイルを変更する.

81.gif

ストローク設定セクションを使うとRectangleDiskPolygon等の図形の輪郭線のスタイルを変更することもできる.

82.gif

セクションを使うと,鏃の外観,位置,大きさを変更することができる.

83.gif

テキスト

テキストセクションを使うとグラフィックス内のテキストのスタイルと属性を変更することができる.

84.gif

ポイント

ポイントセクションで点の色と大きさを変更する.

85.gif

長方形

長方形セクションを使って角丸長方形を作成する.

86.gif

色の選択

87.gif

塗りつぶし設定ストローク設定テキスト前景テキスト背景の色スウォッチをクリックすると色を選択するためのパレットが現れる.

スペクトルをクリックして左上の角に示されている色を選択する.

下の小さい四角に表示された色をクリックして選ぶこともできる.

色選択パレットで素早く使えるようにするために色スウォッチをドラッグしてもよい.マウスを放して現在の色を選択する.

色を下の四角にドラッグして保管する.

色スウォッチの隣のリンクをクリックするとシステムの色選択パレットが現れる.

設定

アラインメント補助線

アラインメント補助線を使ってグラフィックス内のグラフィックスオブジェクトを揃える.

88.gif

アラインメント補助線は他のグラフィックスオブジェクトと揃えるのに使うこともできる.

89.gif

Altキーを押すと,ドラッグするときにアラインメント補助線を一時的に無効にすることができる.

90.gif

デフォルトの外観に戻す

現在の選択項目とそれ以降描画するグラフィックスオブジェクトのスタイルと属性をデフォルトの状態に戻す.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »