計算処理の一時停止

場合によっては,計算を途中で停止しなければいけないことがある.例えば,間違っているのに,それを知らずに Mathematica に実行させてしまったり,計算がやたら長引いていると,いったいどうなっているのか知りたくなるとき等である.

計算処理を一時停止させる方法は使っているフロントエンドによって異なる.

Alt+, または Cmd+Option+.ノートブック型インターフェース
Ctrl+Cテキスト型インターフェース

計算処理を一時停止するときに押すキー

停止命令を出してから Mathematica が応答するまで多少時間がかかることがある.Mathematica が応答すると,その後どうするかを問い合せてくる.一般に,この際の選択肢には計算の放棄だけでなく,サブセッションを開始したり計算状態を調べる「ダイアログ」が含まれる.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »