イントロダクション:Mathematica グラフックスの編集

グラフックス編集の例

下記のグラフは理想低域通過フィルタ(LPF)のインパルス応答を表している.これを例にしてインタラクティブな操作の概要を説明する.詳細は「Mathematica グラフィックスの編集」の別の箇所で解説されている.
In[174]:=
Click for copyable input
Out[174]=
曲線を選択して描画ツールストローク設定で色と太さを変更する.

1.gif

テキストツールとTraditionalFormテキストツールを使い,プロットラベル軸のラベルを追加する.

2.gif

テキストセクションでタイトルのフォント,色,サイズ,文字飾りを変更することができる.

3.gif

最大値を示すために直線ツールを使い,垂直,および水平な線を描く.

4.gif

加えられた線を選び,ストローク設定でそれを破線にする.

5.gif

TraditionalFormテキストツールを使い,この点にラベルを加える.

6.gif

この曲線を表す式を加える.

7.gif

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »