文字と文字的な記号

ギリシャ文字

Mathematica で使用可能なギリシャ文字の一覧

ギリシャ文字は変数や関数等の名前に使ってもよい.表示が標準形(StandardForm)なら,ギリシャ文字の中で特別な意味を持つのは だけであり,Piを表すのに使う.

は単独なら組込み済みの意味を持つが, のように他の文字や記号と組み合せた場合はその限りでない.

ギリシャ文字のはそれぞれ総和と乗積の演算子によく似ている.先に説明したように,これらの演算子を入力するときは\[Sum]\[Product]がそれぞれ使われる.

これと同様に, は演算子を表す\[Element]とは異なるし, または\[Micro]とは違う.

ギリシャ文字の中には\[CapitalAlpha](大文字アルファ)のように英語のアルファベットに酷似したものがある.表示では同じように映っても式の中では別物として扱われる.慣用形(TraditionalForm)を使っているとき,組込み関数Betaの表記には\[CapitalBeta]が使われる.

Mathematica の標準フォントを使っているなら,慣用表記に習ってギリシャ語小文字の表示には若干の斜体化が施される.大文字には斜体化は行われない.しかし,ギリシャ語のシステムでは,Mathematica は標準的なギリシャ語フォントが使えるように,ギリシャ文字を斜体にしないで描画する.

英語アルファベットに似ていないギリシャ文字は,そのほとんどが科学と数学で頻繁に使われている.大文字カイ は,カスケード型ハイパロン素粒子や大きなカノニカル分配関数,そして言語コンプレックスの記述の他はあまり使われない.大文字ウプシロンもあまり使われない.まれに 素粒子,そして季節の春分を表すのに使われる.

ギリシャ文字だけがよく特別な意味を持つものとされる.普通の英字はそのようなことはない.数学ではよく式に修飾的な文字と普通の形の文字を混ぜて使うことがある.修飾形のパイである は天文学を除いてまれにしか使われない.

終止シグマである はギリシャ語の文章において単語末尾に現れるシグマである.技術的な記述では普通使われない.

ディガンマ ,コッパ ,スティグマ ,サンピ は古代ギリシャ文字であり,普通のギリシャ語文字セットを拡張するのに便利である.これらの文字はギリシャ文字を英語アルファベットに対応させるのに必要なことがある.ディガンマは英語のwに対応し,コッパはqに対応している.ディガンマはディガンマ関数PolyGamma[x]の表記で使われることもある.

英語の変形アルファベット

一般的に使われる英語の変形文字

ノートブック用フロントエンドのメニューコマンドを使うことで,テキストのフォント等の書式スタイルを変更できる.ただし,テキスト要素が式の成分としてあるとき,式を Mathematica で評価したなら変更した書式設定情報は失われてしまう.

スクリプト体,ゴシック体,そして二重文字が普通の形の文字と根本的に別物として扱われる.カーネルでは,太文字または大きさが違ってもCCとして解釈されるが,二重書体のは別の文字として扱われる.

カーネルでは字面や大きさが違ってもCはCとして扱われる.ゴシック体と二重文字は別物として扱われる.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

標準的な数学記述では,スクリプト体の大文字とゴシック体は交換が可能である.ときに縁取り文字やオープンフェース書体とも呼ばれる二重文字が慣用で集合を表すため使われる.例えば,は複素数の集合を,または整数の集合を表すのに使われる.

上付き点の除かれたiとjの表記は,普通のiとjと同じ意味を持つものとされる.普通のiとjに真上付き文字が付けられたとき,この上付き点の除かれた文字が使われる.

\[WeierstrassP]はワイエルシュトラス(Weierstrass)のP関数であるWeierstrassPを表すためだけに使われる記号である.

完全名
エイリアス
\[ScriptA] - \[ScriptZ]EscscaEsc - EscsczEscスクリプト体小文字
EscscAEsc - EscscZEscスクリプト体大文字
\[GothicA] - \[GothicZ]EscgoaEsc - EscgozEscゴシック体小文字
EscgoAEsc - EscgoZEscゴシック体大文字
EscdsaEsc - EscdszEsc二重書体の小文字
EscdsAEsc - EscdsZEsc二重書体の大文字
Esc$aEsc - Esc$zEsc小文字の形式文字
Esc$AEsc - Esc$ZEsc大文字の形式文字

英語の変形アルファベット一覧

形式文字

ある関数の出力では,形式文字(形式記号)で表される記号が現れる.それは英語の文字の上下に灰色の点が付いたもので示される.

DifferentialRootは自動的に関数の引数の名前を選ぶ.
In[83]:=
Click for copyable input
Out[83]=

形式文字はProtectedなので,誤って値が割り当てられるということはない.

形式文字を変更しようとしても失敗する.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
つまり,形式文字に依存する式は,誤って編集されたりすることがない.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

形式文字の特定の値は,置換規則を使って代替することができる.

定義方程式が余弦に対して正しいことを検証する.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

形式文字はBlockの内部で一時的に変更することができる.それはBlockAttributesを含むシンボルに関連付けられたすべての定義をクリアするからである.Tableも実質的にBlockのように動作するため,一時的な変更が可能である.

一時的な値をに割り当てる.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

ほとんどの場合,形式文字を変更する必要はない.形式文字はDifferentialRootの中で関数の形式パラメータを表す名前として使われるので,関数は引数の実際の値に対して評価されるだけである.

関数を評価するとに,に置換される.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

形式文字に対して,カスタムのタイプセット規則を定義することができる.

気形式文字を強調するために,色付けを使う.
In[84]:=
Click for copyable input
In[86]:=
Click for copyable input
Out[86]=
MakeBoxesにはフォーマット規則が付けられている.もとのフォーマットを復元する.
In[87]:=
Click for copyable input
In[88]:=
Click for copyable input
Out[88]=

ヘブライ文字

ヘブライ文字一覧

数学ではヘブライ文字は超限数(transfinite)の集合理論で使われる.例えば,整数の総数を表すのに が使われる.

単位と文字的な数学記号

単位と文字的な数学記号

\[Degree]は度数の変換係数Degreeとして扱われる.30Degreeに等しい.

は,普通の文字である (\[Mu]), (\[CapitalARing]), (\[CapitalOSlash])とは異なる.

Infinityとして,Eとして,また,Iとして解釈される.小文字形の記述 はそれぞれ通常の大文字記述EIの代りに使われる.

StandardFormとしては にはデフォルト値を割り振ってないので,Piとして自動的に扱われないpiを表すときに を使うことができる.なおTraditionalFormEulerGammaとして扱われる.

文字的な演算子

は演算子で,は普通の記号である.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//FullForm=

図形記号

修飾記号

修飾記号は「ディングバット」として文章の特定箇所を強調するときによく使われる.Mathematica では文字的な働きをするものとして,シンボル名の一部として使うことも可能である.

\[EmptySquare]の表示形を加えると,\[Square]のような図形記号となり,文字としてよりは演算子として Mathematica は扱う.

アイコン

アイコン文字は他の文字と同じように扱うことができる.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

図形記号の記述

Mathematica では 等の図形記号は文字のように扱われるので,のような記述は単一の名前として扱われる.

テキスト的な要素

句点用記号と注釈用記号

文章中で使われるその他の記号

系列と配列を構築するときに使う記号

式を囲むように上側と下側の中カッコが引き伸ばされる.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

拡張ラテン文字

Mathematica ではラテンスクリプトに基づく西欧言語系で使われるすべての文字がサポートされる.

英語の変形文字

上の表に掲載した文字の多くは読分け記号を普通の英語アルファベットに付加することで形成される.例外として,ドイツ語の\[SZ] と古代英語で主に使われる\[Thorn] ,そして\[Eth] がある.

必要に応じて,ユーザ自身で特別に読分け記号を付加すれば新たな文字が形成できる.

char Ctrl+& mark Ctrl+Space文字の真上に記号を付加する
char Ctrl++ mark Ctrl+Space文字の真下に記号を付加する

文字の真上真下位置への読分け記号の付加

表示形
エイリアス
完全名
'(キーボード文字)\[RawQuote]揚音アクセント
Esc\[Prime]揚音アクセント
`(キーボード文字)\[RawBackquote]抑音アクセント
Esc`Esc\[ReversePrime]抑音アクセント
. .(キーボード文字)ウムラウトまたは分音
^(キーボード文字)\[RawWedge]アクセントまたはハット
EscesciEsc\[EmptySmallCircle]リング
.(キーボード文字)\[RawDot]ドット
~(キーボード文字)\[RawTilde]ティルデ
_(キーボード文字)\[RawUnderscore]長音
EschcEsc\[Hacek]ハチェック
EscbvEsc\[Breve]短音
EscdbvEsc\[DownBreve]タイアクセント
Esc\[DoublePrime]ロングウムラウト
EsccdEsc\[Cedilla]セディラ

文字の読分け記号

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »