ファイルとディレクトリの操作

CopyFile["file1","file2"]にコピー
RenameFile["file1","file2"] のファイル名を とする
DeleteFile["file"]ファイルの削除
FileByteCount["file"]ファイルのバイト数
FileDate["file"]ファイルの修正日
SetFileDate["file"]ファイルの修正日を今日に設定
FileType["file"]ファイルの型をDirectoryまたはNoneで表示

ファイル操作関数

異なるオペレーティングシステムではファイルを扱うのに異なるコマンドを使う.Mathematica は,オペレーティングシステムに依存しない方法でファイルを操作するいくつかの簡単な関数を提供する.

CopyFileRenameFileによってできるファイルの修正日はもとのファイルと同じである.FileDateは修正日をDateListが使うフォーマットで返す.

CreateDirectory["name"]新しいディレクトリの作成
DeleteDirectory["name"]空のディレクトリの削除
DeleteDirectory["name",DeleteContents->True]ディレクトリを中のファイルごと削除
RenameDirectory["name1","name2"]ディレクトリ名の変更
CopyDirectory["name1","name2"]ディレクトリを中のファイルごとコピー

ディレクトリ操作関数

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »