Mathematica のファイル構成

Mathematica のファイル

Mathematica のフルインストールにはおよそ数千のファイルが含まれる.これらのファイルは主インストールディレクトリ内の数百のディレクトリに分かれている.主インストールディレクトリの場所はインストール時に決定され,その名前は Mathematica カーネルの中から$InstallationDirectoryの値で与えられる.

C:\Program Files\Wolfram Research\Mathematica\8.0Windows
/Applications/Mathematica.appMacintosh
/usr/local/Wolfram/Mathematica/8.0Unix

デフォルトの Mathematica インストールディレクトリの場所

Mathematica を起動する実行可能プログラムは通常は主インストールディレクトリにある.場合によっては他の場所からリンクされていたり他の場所にあるスクリプトからアクセスされることもある.First[$CommandLine]Mathematica カーネル内からそのカーネルに対応する実行可能プログラムの完全名を送る.

MathematicaMathematica フロントエンド
MathKernelMathematica カーネル.通常はそれ自身のテキストベースのインターフェースで
mathターミナルあるいはシェルで実行される Mathematica カーネル
mccMathLink Cソースファイルの前処理やコンパイルをするスクリプト

インストールディレクトリからアクセスできる典型的な実行可能プログラム

主インストールディレクトリには Mathematica のデータが入った標準的なサブディレクトリが3つある.通常の状況下では,例えば共有スタイルシートに変更を加えるような場合を除いては,これらのディレクトリの内容に変更を加えるべきではない.

AddOnsMathematica に付属しているアドオン
DocumentationMathematica システムのドキュメント
SystemFilesMathematica システムファイル

主インストールディレクトリのトップレベルのサブディレクトリ

Unixシステム用の Mathematica では,単一の全体的なディレクトリ構造に異なるコンピュータアーキテクチャやシステム用の実行可能ファイルが入っていることがしばしばある.各システムは$SystemIDで名前が与えられるサブディレクトリに入っている.リソースディレクトリによっては特定の言語で特定のコンピュータ環境用のファイルが入っているものもある.このようなファイルはJapanese/Windowsといったサブディレクトリに収められている.

Kernel/Binaries/systemオペレーティングシステム別カーネル用バイナリファイルあるいは要素
Kernel/SystemResources/systemシステム別カーネル用.mxファイル
Kernel/TextResourcesカーネル用メッセージおよびテキストファイル
FrontEnd/Binaries/systemオペレーティングシステム別フロントエンド用バイナリファイル
FrontEnd/SystemResourcesウィンドウシステム別フロントエンド用ファイル
FrontEnd/TextResourcesフロントエンド用メッセージおよびテキストファイル
FrontEnd/StyleSheetsデフォルトのノートブックスタイルシート
FrontEnd/Palettesデフォルトパレットノートブック
Libraries/systemカーネルとフロントエンドが使用する MathLink 等のライブラリ
LinksMathLink およびその他の接続技術のデベロッパキット
FontsMathematica フォント(通常,中央のディレクトリにコピーされる)
CharacterEncodings文字コード規格の指定
SpellingDictionariesスペル辞書
SystemDocumentation/envUnixのと,その他の環境別ドキュメント
Graphics/Binaries/systemPostScriptインタープリタとグラフィックスのプログラム
Graphics/SystemResourcesPostScript定義ファイルとその他のグラフィックス用ファイル
Graphics/Packagesグラフィックスを設定するためのパッケージ

SystemFilesディレクトリの典型的なサブディレクトリ,その1

Installationインストール作業に必要な補助的なプログラム(主インストールプログラムから自動的に呼び出される)
IncludeFiles他のプログラムに含めるためのファイル
JavaJavaランタイム環境用のファイル(必要な場合)

SystemFilesディレクトリの典型的なサブディレクトリ,その2

Mathematica ヘルプビューアで表示される情報のファイルは,Documentationディレクトリに保存されている.

System/Guides関連した関数を分類しリンクするページ
System/ReferencePages/SymbolsMathematica の各組込み関数のリファレンスページ
System/ReferencePages/FormatsMathematica が扱うファイル形式のリファレンスページ
Packages/name/Guides等アドオン項目のドキュメント

Documentationディレクトリの典型的なサブディレクトリ

ロード可能なファイル

いろいろな状況下でシステムにロードできるファイルを追加して Mathematica をカスタマイズすることができる.追加ファイルは従来はシステムワイドなあるいはユーザ独自の「ベースディレクトリ」にロードされる.

$BaseDirectoryMathematica がロードするファイル用のシステムワイドなベースディレクトリ
$UserBaseDirectoryMathematica がロードするファイル用のユーザ独自のベースディレクトリ

Mathematica がロードするファイル用のベースディレクトリ

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Mathematica
Windows
/Library/MathematicaMacintosh
/usr/share/MathematicaUnix

$BaseDirectoryの典型的な値

C:\Documents and Settings\username\Application Data\Mathematica
Windows
~/Library/MathematicaMacintosh
~ /. MathematicaUnix

$UserBaseDirectoryの典型的な値

これらのディレクトリ用に異なる場所が指定したければ Mathematica を実行する際にオペレーティングシステムの環境変数を変更するとよい.これについてはMathematica セッション」で詳しく説明してある.

ApplicationsMathematica アプリケーションパッケージ
Autoload起動時に自動的にロードされるパッケージ
FrontEndフロントエンドの初期化ファイル
Kernelカーネルの初期化ファイル
Licensingライセンスマネージャファイル
SystemFiles一般的なシステムファイル

Mathematica のベースディレクトリの典型的なサブディレクトリ

ベースディレクトリ中のファイルの中には,Mathematica のカーネルまたはフロントエンドに自動的に使用されて設定ファイルの役割をするものもある.

Kernel/init.mカーネルの起動時に実行される
Kernel/end.mカーネルの終了時に実行される
FrontEnd/init.mフロントエンドの起動時に読み込まれる
SystemFiles/FrontEnd/StyleSheets/カスタマイズされたノートブックのスタイルシート
SystemFiles/FrontEnd/Palettes/フロントエンドメニューに表示する追加的パレット

カーネルとフロントエンドの典型的な設定ファイル例

カーネル用設定ファイルは Mathematica のコマンドで記述されている.そこでは$SystemID$MachineName等を調べて,実行する操作を決定することができる.フロントエンド用設定ファイルにはある限られた種類の特殊コマンド(「入力シンタックス」を参照)のみを書くことができる.

Applications/name/指定のアドオンアプリケーション
Autoload/name/Mathematica が起動されたときに自動的にロードされるアドオン

$BaseDirectory$UserBaseDirectoryのサブディレクトリ

カーネルの$Pathのデフォルト設定では,アドオンは単にコマンドによって Mathematica セッションに読み込むことができる.このときアドオン用のinit.mファイルが読み込まれ,それによりパッケージの動作に必要な他のファイルやパッケージが読み込まれる.

アドオンを$BaseDirectoryあるいは$UserBaseDirectoryのAutoloadサブディレクトリに置くことで,カーネルあるいはフロントエンドを起動したときに Mathematica が自動的にそのアドオンを読み込むようにできる.

Kernel/init.mカーネルが読み込む初期化ファイル
FrontEnd/init.mフロントエンドが読み込む初期化ファイル
Documentation/フロントエンドで使用されるドキュメント

アドオンディレクトリの典型的な内容

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »