数値操作関数

IntegerPart[x]x の整数部分
FractionalPart[x]x の端数部分
Round[x]x に最も近い整数 x
Floor[x]x 以下の最大の整数x
Ceiling[x]x 以上の最小の整数 x
Rationalize[x]x の有理数近似
Rationalize[x,dx]許容率 dx 内での有理近似

実数および実整数に関連した関数

xIntegerPart[x]FractionalPart[x]Round[x]Floor[x]Ceiling[x]
2.420.4223
2.520.5223
2.620.6323
-2.4-2-0.4-2-3-2
-2.5-2-0.5-2-3-2
-2.6-2-0.6-3-3-2

数値操作関数の適用例

IntegerPart[x]FractionalPart[x]は,それぞれ小数点の左側の数値と右側の数値に分けるものととらえることができる.Round[x]は,整数に近い数を強制的に厳密な整数に変換するためによく使われる.Floor[x]Ceiling[x]は,非整数間隔を持つ数の列でいくつ要素があるかを調べるためによく使われる.

Sign[x]x>0であれば1,x<0であれば-1
UnitStep[x]x≥0のとき1x<0のとき0
Abs[x]x の絶対値x
Clip[x]x を-1から+1の間で切り取ったものを与える
Rescale[x,{xmin,xmax}]x を0から1の範囲に収まるように再スケールする
Max[x1,x2,...] or Max[{x1,x2,...},...]
, , ...の中の最大値
Min[x1,x2,...] or Min[{x1,x2,...},...]
, , ...の中の最小値

実変数の数値操作関数

x+Iy複素数
Re[z]実数部分 TemplateBox[{Re, paclet:ref/Re}, RefLink, BaseStyle -> InlineFormula] z
Im[z]虚数部分 TemplateBox[{Im, paclet:ref/Im}, RefLink, BaseStyle -> InlineFormula] z
Conjugate[z]共役複素数 または
Abs[z]絶対値 z
Arg[z] の偏角

複素変数の数値操作関数

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »