MATHEMATICAチュートリアル

文字列の性質

Mathematica の機能は数式等の構造体の操作や処理に重点が置かれている.文字列は構造化されたものではないが,それでも,Mathematica を使えば体系的な取扱いが可能である.

"text"文字列を指定する

文字列の指定

Mathematica に文字列を入力するには引用符で文字列をくくっておく必要がある.ただし,Mathematica の出力結果では,通常,文字列の引用符は見えないようになっている.

引用符付きの形で文字列を見たいときは入力形で表示する.また,ノートブックから入力しているときは,編集開始と同時に自動的に文字列の引用符が挿入される.

通常の Mathematica 出力では引用符は表示されない.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
入力形で表示すると,引用符付きの形で見ることができる.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//InputForm=

通常,引用符は表示されないので,違和感なく文字列を式や数値と混合表示できる.

引用符なしで文が表示される.

表示上,文字列は出力でと同様に映るが,シンボルとは全く異なるオブジェクトであるので気を付けなければいけない.

文字列とシンボルは別なものなので等号関係は成り立たない.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

オブジェクトが文字列かどうかが不明なときは,その頭部を参照する.文字列であれば,頭部はStringである.

文字列の頭部はStringである.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
パターンを使うとどんな文字列でも探せる.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

文字列をパターンマッチングや変換規則の構成要素として使ってもよい.ただし,文字列への値の割当てはできない.

この場合は,文字列を構成要素とした割当てを定義した.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
文字列を変数に置き換えることも可能である.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »