複合式

計算を進める上で,複数のステップを踏んで処理をしなければいけないことがよくある.各ステップの処理を別々の入力行(セル)を使って行ってもよいが,簡単にするため,いくつかのステップを単一行にまとめてもよい.そうした場合,式のステップごとにセミコロンで分ける.

expr1;expr2;expr3複合式の定義(結果表示あり).複合式を一括定義し,最後の式の答を表示する
expr1;expr2;複合式の定義(結果表示なし).2つの式を一括定義し,答は表示しない

複合式の書き方

3つの式を単一行(セル)に一括入力する.返ってくる結果は最後の式のものである.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

入力行をセミコロンで終ると一連の操作の最後に空処理をすることになる.計算が終了した後でも,出力は一切表示されない.

expr;出力の非表示.処理は行うが結果は表示しない

計算結果の表示禁止

入力行の終りにセミコロンを付けて答が表示されないようにする.
In[2]:=
Click for copyable input
表示しなかった結果でもを使えば後で確認することができる.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »