仮定のもとでの式の簡約化

Simplify[expr,assum]仮定のもとで式 expr を簡約化

仮定のもとでの式の簡約化

ある値に対してのみ簡約できる式を Mathematica は無条件に簡約しない.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
のとき に等しいが,一般にはそうではない.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
と仮定すればSimplifyは式を簡約する.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
この式は無条件に簡約されない.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
しかし, を正と仮定すれば,簡約される.
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
これは三角関数を含む同様な例である.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
Element[x,dom]x は領域 dom の要素である
Element[{x1,x2,...},dom]すべての は領域 dom の要素である
Reals実数
Integers整数
Primes素数

仮定で用いられるいくつかの領域

を実数と仮定すれば式は簡約される.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
が整数なら正弦関数は簡約される.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
与えられた仮定によりフェルマの小定理が使える.
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
が実数であるとき,は実数となるがは必ずしもそうでない.
In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »