記号計算

数値だけでなく記号的な式の扱いも可能とする Mathematica の機能を使うことで,扱える問題の幅は大きく広がる.

微分積分がよい例である.Mathematica を使えば,式を記号的に微分することができ,また,結果を式として得ることができる.

の導関数を求める.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
少々複雑な例.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
D[f,x]偏導関数
Integrate[f,x]不定積分
Sum[f,{i,imin,imax}]総和
Solve[lhs==rhs,x]方程式を x について解く
Series[f,{x,x0,order}]において関数 f をベキ級数展開する
Limit[f,x->x0]極限
Minimize[f,x]fx について最小にする

記号数学操作の例

普通,計算の結果は,数式として求められると一番よい.しかし,現実には,多くの問題で答を明示的な式で表現することは不可能である.例えば,方程式に「代数閉体内」の解が存在しない場合がそうである.そのようなときは,数値解析的な方法を用いて数値による近似解を求めるしかない.

New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »