MATHEMATICAチュートリアル

タグオブジェクトに対するシンボルの使用

Mathematica ではいろいろな用途でシンボルを使う.これまでの説明では,値の保管場所と数学的な変数として使われるシンボルを見てきた.ここではもうひとつの記号の使い方を見ていく.

つまり,違った型のオブジェクトに対するタグとしてのシンボルの使い方を考える.
簡単な例として,物理単位としての使い方を見てみよう.物体の長さを指定するときは,数値の他に計測に使った単位も示したい.標準単位系を使うと,長さは,例えば12メートルと記述するだろう.

この表記法は,ほとんどそのまま Mathematica で使うことができる.つまり,上記の計測単位を表すには,メートル()と綴ったシンボルを使えばよい.

シンボルは,単位のタグとして働く.
In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
このように,長さ同士を足し合せることができる.
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
かかった時間で割り,速度を計算する.
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
変換係数を与えて,毎秒何フィート単位の速度に換算する.
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

実は,Mathematica パッケージのひとつに標準的な単位を表したシンボルを定義したものがある.

単位を扱うためのパッケージを読み込ませる.
In[5]:=
Click for copyable input
パッケージでは,標準的な名前で単位が定義されている.
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
関数を使い,単位を換算する.
In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
通常,キロ,センチのような単位の前置きはスペースで区切る必要がある.
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »