ノートブックのワープロ機能

Mathematica には文書作成とフォーマットのためのいろいろなコマンドがある.

書式メニューで,スタイル,フォント,文字飾り,サイズ,文字の色,背景色,セルの見出し記号,段落配置,行の割付け,ワードラップ等のセルのオプションを設定することができる.

オプションを使う

セルブラケットまたはテキストを選択する.

1.gif

書式メニューから,背景色等の使いたいオプションを選択する.

2.gif

ノートブックのスペルチェック

編集 ► スペルチェックを選ぶ.Mathematica がカーソル位置からノートブックのスペルチェックを始める.スペリングの違っている単語,あるいは未知の単語があると,Mathematica はその単語を表示し,訂正を勧める.

3.gif

ポップアップメニューを使うと,ノートブック,セッション,セルに関連した辞書,あるいはグローバルプリファレンスにその単語を付け加えることができる.

Tip

  • 挿入 ► 改ページを選ぶと,ノートブックに改ページを挿入することができる.
  • テキストセルの中に式を入力する

    テキストセルの中の式を挿入したいところにカーソルを移動する.Ctrl+(またはCtrl+9を押す.セルの中にプレースホルダボックスが現れる.

    4.gif

    キー操作を使って式を入力する(「数学用表記の入力」を参照).

    5.gif

    Ctrl+)またはCtrl+0を押して式を終了する.

    インラインセル

    セル全体をコピーし,他のセルにペーストすることができる.例えば,入力セルのタイプセット式をテキストセルに入れたり,グラフィックスをテキストセルに埋め込んだりすることができる.

    1つのセルを別のセルの中にペーストする

    セルブラケットを選ぶ.

    6.gif

    編集 ► コピーを選ぶ.カーソルを希望の位置まで移動するかテキストを選ぶ.

    7.gif

    編集 ► ペーストを選ぶ.

    8.gif

    ハイフン

    Hyphenation->Trueに設定してあると,テキストセルで単語が2行に渡るとき,Mathematica はハイフンを施すことができる.コマンド名が2行に渡るときには特別な接続記号()を使う.オプションインスペクタを使うと,ハイフン機能がコントロールできる(「オプションインスペクタ」参照).

    10.gif

    Tip

  • 新規セルを現行のスタイルで作成したいときは,Alt+Enterを押す.新規セルが現行セルの直後に現れる.
  • New to Mathematica? Find your learning path »
    Have a question? Ask support »