ChannelDatabin

ChannelDatabin

ChannelListenのオプションで,受信したメッセージを保存するデータビンを指定する.

詳細

  • チャネルデータビンはデータを与えるリスナが削除されても残る.
  • 使用可能な設定
  • Automatic受信したデータを新たなデータビンに記録する
    binデータを指定されたデータビンに記録する
    Noneデータはデータビンに記録しない
  • listener=ChannelListen[,ChannelDatabin->Automatic]で作成したデータビンは,listener["Databin"]で取り出すことができる.

例題

すべて開く すべて閉じる

  (1)

チャネルを聞き始め,受信したメッセージを新規データビンに保存する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

チャネルにいくつかのメッセージを送る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

チャネルに関連付けられたデータビン:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

データビンに保存されたメッセージ:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

データビンの項目はリスナが削除されても残る:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

スコープ  (2)

特性と関係  (2)

2016年に導入
(11.0)